Cloud Client を使用して vRealize Automation 7.x から仮想マシンを削除する
search cancel

Cloud Client を使用して vRealize Automation 7.x から仮想マシンを削除する

book

Article ID: 343003

calendar_today

Updated On:

Products

VMware Aria Suite

Issue/Introduction

この記事では、Cloud Client を使用して vRealize Automation 7.0.x から仮想マシンを削除する手順を説明します。

次のような場合に、vRealize Automation から仮想マシンを削除することがあります。
  • 仮想マシンがエンドポイントから削除されずに管理されている。
  • エンドポイントから、マシンを手動で削除する。
  • 仮想マシンを削除して、vRealize Automation に再インポートする。



Symptoms:
免責事項:これは英文の記事「Removing a virtual machine from vRealize Automation 7.x using Cloud Client (2144269)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Environment

VMware vRealize Automation 7.3.x
VMware vRealize Automation 7.2.x
VMware vRealize Automation 7.1.x
VMware vRealize Automation 7.0.x

Resolution

vRealize Automation 7 で仮想マシンを削除するための SQL スクリプトはありません。これは、Cloud Client をインストールし、システムから必要な仮想マシンを登録解除するためのコマンドを実行することによって行われます。これは、vRealize Automation 6.x 以降のバージョンからのプロセスにおける変更点です。

Cloud Client を使用して VMware vrealize Automation 7 の管理から仮想マシンを削除するには:


  1. vRealize CloudClient 4.3 で入手可能な Cloud Client をダウンロードします。
  2. Cloud Client をインストールして、ログインします。

    :この機能は vRealize CloudClient 4.0 以降でのみ使用可能です。

  3. 次のコマンドを実行して、vRA アプライアンスにログインします。

    vra login userpass --user admin ID --tenant Tenant Name --server vRA FQDN --password Password

  4. 次のコマンドを実行して、IaaS マシンにログインします。

    vra login iaas --user service account --domain the domain --server web server --password Password

  5. 次のコマンドを実行して、vRealize Automation から不要なマシンを削除します。

    vra machines forceunregister --name name_of_the_VM

    ここで、name_of_VM は、仮想マシンの名前です。


    • 次のコマンドを使用するには、Cafe インターフェイスと IaaS インターフェイスの両方にログインする必要があります。
    • インターフェイスから仮想マシンを削除するには、5 分から 10 分かかることがあります。
それでも問題が解決しない場合は、ストアド プロシージャを使用して、手動の方法を使用して仮想マシンを削除します。
ストアド プロシージャを使用するには:
  1. 添付されている KB2144269_RemoveVMFromVRA7.zip ファイルの内容を抽出します。
  2. Readme の説明どおりに操作します。



Additional Information

Cloud Client のインストールまたは Cloud Client へのログインの詳細については、「vRealize CloudClient 4.3」を参照してください。
CloudClient のその他の機能を含むドキュメントは、/Docs/index.htmlで確認できます。これは、リンク「vRealize CloudClient 4.3」の「ドキュメントおよびリファレンス」セクションで CloudClient ドキュメントをダウンロードするときに利用可能です。

たとえば、仮想マシンの削除の詳細は、[プラグイン] > [VRA プラグイン] > [マシン] にある index.html で確認できます。
Removing a virtual machine from vRealize Automation 7.x using Cloud Client