「マシン XXX: グループ XXX 内で割り当てることができる予約がありません。合計 XX GB のストレージが要求されました (Machine XXX: No reservation is available to allocate within the group XXX. Total XX GB of storage was requested)」というエラーが、vRA でマシンを要求すると発生する
search cancel

「マシン XXX: グループ XXX 内で割り当てることができる予約がありません。合計 XX GB のストレージが要求されました (Machine XXX: No reservation is available to allocate within the group XXX. Total XX GB of storage was requested)」というエラーが、vRA でマシンを要求すると発生する

book

Article ID: 340880

calendar_today

Updated On:

Products

VMware Aria Suite

Issue/Introduction

  • vRA でマシンを要求すると失敗する。
  • 次のようなエラー メッセージが表示される。

    次のコンポーネントの申請に失敗しました:XXX。インフラストラクチャ サービス プロバイダ エラー:サーバにエラーが発生しました。エラー発生中のマシン。マシン XXXXXX:グループ XXX 内で割り当てることができる予約がありません。合計 XX GB のストレージが要求されました。 (The following component requests failed: XXX. Infrastructure service provider error: A server error was encountered. Error requesting machine. Machine XXXXXX: No reservation is available to allocate within the group XXX. Total XX GB of storage was requested.)


Symptoms:
免責事項:これは英文の記事「"Machine XXX: No reservation is available to allocate within the group XXX. Total XX GB of storage was requested" error when you request a machine in vRA」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Environment

VMware vRealize Automation 7.1.x
VMware vRealize Automation 7.2.x
VMware vRealize Automation 7.x
VMware vRealize Automation 6.2
VMware vRealize Automation 7.0.x
VMware vRealize Automation 7.3.x
VMware vRealize Automation Desktop 6.2
VMware vRealize Automation Desktop 6.2.x
VMware vRealize Automation 6.x
VMware vRealize Automation 6.2.x

Cause

経験則として、データストア/クラスタに割り当てられた値が予約された値と等しい場合、その特定のデータストア/クラスタではそれ以上のプロビジョニングは実行されません。
もう 1 つの理由は、ユーザーが Storagepath を無効にして GUI に保存した後で、データベース内で無効にされる場合です。その場合、GUI にはストレージ パスが無効であることは表示されず、ユーザーはその情報に基づいてプロビジョニングを実行することになります。その結果、vRA でのストレージ予約が不十分になります。

Resolution

プロビジョニングが失敗する場合は、次の手順を事前に実行します。
問題が発生したビジネス グループのそれぞれの予約を確認します。
  1. 予約で使用される予約ポリシーとブループリント/カタログで使用される予約ポリシーが同じであることを確認します。
  2. 予約に十分なリソースがあることを確認します。
    1. 割り当てに使用できるメモリを確認します。メモリを使用できないためにプロビジョニングが失敗する場合、エラー メッセージの内容はストレージに関するものではなくメモリに関するものになります。詳細については、「KB2148620」を参照してください。
    2. 選択したデータストア/ストレージ クラスタでストレージが割り当てに使用可能であることを確認します。特定のデータストア/クラスタの「この予約された予約」と「この割り当てられた予約」が等しい場合、そのデータストア/クラスタに対するプロビジョニングは成功しません。ロジックは、割り当てられた優先順位に基づいて選択されたデータストア/クラスタをチェックします。
    3. GUI の StoragePath が無効かどうか、またはクエリを実行していないかどうかを確認します。

      Select * from HostReservationToStorage where [HostReservationID] = ‘<>’ and Enabled = 1


      次のクエリを実行することで HostReservationID は見つけることができます。


      Select HostReservationID from HostReservation where HostReservationName ='<>'


      このクエリが何も返さない場合、ストレージ パスは GUI で無効になっています。したがって、ユーザーがこのデータストアのみに依存してプロビジョニングを実行すると、プロビジョニングは失敗します。
:その他のシナリオでは、データベースのデータ マッピングの問題に関連している可能性があります。これらは、データストア/ストレージ クラスタを vCenter 内で移動した結果発生することがあります。その場合は、データベースについてのさらなる分析が必要です。

Additional Information

"Machine XXX: No reservation is available to allocate within the group XXX. Total XX GB of storage was requested" error when you request a machine in vRA