EAM エージェンシーに古い 6.2.x VIB が表示される
search cancel

EAM エージェンシーに古い 6.2.x VIB が表示される

book

Article ID: 339206

calendar_today

Updated On:

Products

VMware NSX Networking

Issue/Introduction

NSX 6.2.x を 6.3.x にアップグレードした後に、EAM MOB (https://vcenterserver/eam/mob) に 6.3.x VIB ではなく、古い 6.2.x VIB が表示される。



Symptoms:
免責事項:これは英文の記事「EAM agencies show the old 6.2.x VIBs (2151504)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Environment

VMware NSX for vSphere 6.3.x
VMware NSX for vSphere 6.2.x

Resolution

この問題を解決するには、ESX Agent Manager が更新されていて、新しい 6.3.x VIB が反映されていることを確認します。

VIB の URL を更新するには:

  1. ブラウザを開いて、https://vCenterServer/eam/mob/ で 管理対象オブジェクト ブラウザ (MOB) を参照します。
  2. 管理者権限でログインします。
  3. エージェンシー リストから [エージェンシー] を選択します。通常、agency-0 が選択されます。このエージェンシーを使用しない場合は、適切なエージェンシーを選択します。
  4. [設定] をクリックします。ここでは URL を指定する必要があります。agency-0 はローカル エージェンシーの ID で置き換えられます。
    例:https://vCenterServer/eam/mob/?moid=agency-0&doPath=config
  5. [agentConfig] をクリックします。
    テーブルを含むページが表示されます。ホストのバージョンごとに、テーブルに [vibUrl] が表示されます。このフィールドは古い 6.2.x VIB URL を参照する必要があります。
  6. 手順 3 で識別したエージェンシー ID を使用して、ブラウザの URL を変更します。
    例:https://vCenterServer/eam/mob/?moid=agency-<0>&method=Update
  7. <config> フィールドで、新しい VIB が反映されるように [vibUrl] フィールドを変更します。
    <config>
    <agentConfig>
    <hostVersion>5.5.*</hostVersion>
    <vibUrl>https://VSM-IP/bin/vdn/vibs/5.5/vxlan.zip</vibUrl>
    </agentConfig>
    <agentConfig>
    <hostVersion>6.0.*</hostVersion>
    <vibUrl>https://VSM-IP/bin/vdn/vibs/6.0/vxlan.zip</vibUrl>
    </agentConfig>
    </config>


    :上の URL は例にすぎません。
    正しい URL は、次のいずれかから取得する必要があります。
    NSX 6.3.x を使用して最初に準備された新しいクラスタ、または https://NSX_Manager/bin/vdn/nwfabric.properties
  8. [メソッドの起動] をクリックします。
  9. vCenter で EAM サービスを再起動して、クラスタの準備を開始します。
  10. 準備が終了すると、各クラスタに [アップグレード] リンクが表示されます。


Additional Information

[Internal] EAM agencies show the old NSX for vSphere 6.2.x VIBs