search cancel

SES for Mac エージェントがプロキシ設定や社内 LiveUpdate サーバーの設定を反映しない

book

Article ID: 254972

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Security Endpoint Security Complete

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Security (SES) の Mac エージェントが実行する LiveUpdate が、システムポリシーで構成されたプロキシ設定を使用せず、直接接続を試みる。この問題は LiveUpdate セッション実行時にのみ影響し、Mac エージェントはクラウドと通信し、ポリシーの更新は可能な状態である。

また Mac エージェントは、システムポリシーの [指定した社内の LiveUpdate サーバーを使用する] の設定も使用せず、デフォルトの Symantec LiveUpdate サーバーへの接続を試みる。

Environment

  • Symantec Endpoint Security for Mac エージェント

Cause

この動作は現在の SES for Mac エージェントの仕様です。デフォルトの LiveUpdate サーバー (Symantec LiveUpdate) への直接接続以外はできません。

Resolution

Symantec LiveUpdate サーバーへの直接接続を許可することが、唯一の有効な回避策となります。

SES の Mac エージェントがカスタマイズされた LiveUpdate 設定を使用できるようにすることは、将来のリリースで計画されていますが、対応するバージョンは現時点では未定です。

Additional Information

ESCRT-8006

 

[英語文書] SES for Mac Agent does not honor proxy settings or internal liveupdate server settings.