search cancel

14.3 RU5 にアップグレード後、管理サーバーにログインできない

book

Article ID: 254293

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM、管理サーバー) を 14.3 RU5 にアップグレードした後、アップグレード前に有効だったパスワードを使って管理者が SEPM コンソールにログインできなくなった。

Environment

  • SEPM 14.3 RU5 

Cause

14.3 RU5 では、ブルートフォース攻撃からコンピュータを保護するために、システム管理者が管理者用の複雑なパスワードを作成することができます。パスワードの要件は、組織のパスワードポリシーガイドラインを満たすように設定することができます。これらの設定は、SEPM のデフォルトのパスワード要件よりも優先されます。

Resolution

アップグレード後、安全なパスワードの使用が強制され、無効な文字を使用していた以前のパスワードは無効になります。管理者はパスワードをリセットして、承認されていない特定の特殊文字を使用せず、その他のパスワード基準を満たしているパスワードを使用する必要があります。

新しいパスワードの要件の詳細については 管理者とクライアント ユーザーに対する安全なパスワードの強制 を参照してください。 

Additional Information

 

[英語文書] Unable to login to SEPM with password after RU5 upgrade