search cancel

RU5 へのアップグレード後、カスタムの機能セットで TDAD と WCAP が有効化される

book

Article ID: 253403

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) を以前のバージョンから 14.3 RU5 にアップグレードすると、以前の設定に関係なくカスタムのクライアント機能セットですべてのコンポーネントが有効になった。

"Endpoint Thread Defense for AD" (TDAD) と "Web とクラウドのアクセス保護" (WCAP) が無効になっている機能セットでも、これらが有効であると表示される。

Environment

14.3 RU5 でカスタムのクライアントインストール機能セットを使用している場合

Cause

RU5 でのクライアントインストール機能セットの "機能セットのバージョン" の変更により、カスタム設定がデフォルトの完全保護の内容で上書きされます。
機能セットでは "14.3 RU4 以降" の新しいカテゴリが追加されており、この追加によりカスタム設定が上書きされます。

Resolution

この問題は Symantec Endpoint Protection 14.3 RU6 で修正されました。最新の SEP バージョンの入手方法については、下記の技術文書を参照してください。

現時点でアップグレードが不可能な場合は、既存の Endpoint Protection クライアントへの機能追加と削除 に従って、"Endpoint Thread Defense for AD" と "Web とクラウドのアクセス保護" の機能がチェックされていないインストール機能セットを作成します。その後、作成したインストール機能セットを選択した状態で、インストールパッケージを必要なグループに適用します。

Additional Information

[英語文書] TDAD and WCAP Enabled on Custom Feature Sets After Upgrade to RU5

Attachments