search cancel

Restart Manager機能について

book

Article ID: 253196

calendar_today

Updated On:

Products

MIM Data Sharing (MII) MIM Message Sharing (MIC) MIM Resource Sharing (MIM) MIM Tape Sharing (MIA)

Issue/Introduction

Restart Manager機能を有効とすることでどのようなことが実現できますか?

Environment

MIM 12.5 

Resolution

Restart Manager機能によって、各MIMシステムにて、予期せぬMIM停止時や定期メンテナンス時等に、MIMを自動的に再起動することできます。

当機能によりMIIでは、再起動処理中、グローバル資源の整合性を維持します。
ローカルENQ/DEQ処理は、MIMの停止が検出された時点、またはLOADLIB REFRESHFROMコマンドが発行された時点から、MIM管理下のQNAMEに対して保留状態となります。
システムは再起動が完了し、グローバル資源排他処理が再開されるまで保留状態となります。

Restart Manager機能を有効とするには起動PROCは以下の指定が必要です。
1) SUB=MSTRによる起動
2) 起動PROC内にPDSデータセットでMIMPARMS とオプションでMIMMSGSを指定
3) 起動PROC内の「PGM=」を「MIMDRBGN」から「MIMDRRM」に変更

また、SUB=MSTRによる起動のため以下制限があります。
- 当PROCは、JESによりサポートされるユーザーPROCLIBではなくSYS1.PROCLIBに保管します。
- SYSIN、SYSOUT、またはVIOデータセットは参照できません。

以下はRestart Manager機能を有効とした起動PROC例です。

//MIM125  PROC CMNDS=MIMCMNDS,    <- MIMCMNDS                 
//             FORMAT=NONE, <- NONE                         
//             MEMBER=MIMINIT,    <- MIMINIT               
//             REUSE=YES,         <- YES                    
//             SYNCH=MIMSYNCH,    <- MIMSYNCH               
//             SYSID=,                                      
//             WAITSTAT=NEVER,    <- NEVER                  
//             PFX=MIM125.                          
//*                                                         
//*===================================================      
//*                                                         
//*  CA MIM RESTART MANAGER                                 
//*                                                         
//*  PGM=MIMDRRM INSTEAD OF PGM=MIMDRBGN                    
//*===================================================      
//MIMGR  EXEC  PGM=MIMDRRM,TIME=1440,REGION=4M,             
//             PARM=('COMMANDS=&CMNDS','FORM=&FORMAT',      
//             'MEM=&MEMBER','REUSE=&REUSE',                
//             'SYNCH=&SYNCH','SYSID=&SYSID',               
//             'WAITSTAT=&WAITSTAT')                        
//*                                                         
//STEPLIB   DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.CBTDLOAD                  
//MIMPARMS  DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.CBTDPARM                  
//MIMMSGS   DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.CBTDMSEN       
//MIMLOG    DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.MIMLOG          
//MIMTBL00  DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.CF00            
//MIMTBL01  DD  DISP=SHR,DSN=&PFX.CF01            

起動コマンド
「S MIM125,SUB=MSTR」

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003135

MIMのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

MIM FAQ一覧表