search cancel

HTTPS_PROXY 環境変数が設定されていると DCS マネージャーとの通信テストが失敗する

book

Article ID: 244301

calendar_today

Updated On:

Products

Data Center Security Server Advanced

Issue/Introduction

sisipsconfig -t コマンドを実行すると

Could not connect to server: AGENT COULDNT CONNECT. Verify server IP,port and server is running

のエラーで失敗する。

sisipsconfig -trace でトレースを有効にした後に sisipsconfig -t  を実行すると、以下のように返る。

Testing connection to server <プロキシ IP>
Informational text :
Unsupported proxy scheme for '<プロキシ IP:ポート>'

もしくは

Testing connection to server <プロキシ IP>
Informational text :
connect to <プロキシ IP> port <プロキシポート> failed: Timed out

Cause

ログインユーザーに HTTPS_PROXY ユーザー環境変数が設定されており、sisipsconfig -t 実行時にプロキシを参照するため。

Resolution

'NO_PROXY' 環境変数を設定することで回避できます。

  1. OS スタートメニューの [ファイル名を指定して実行] で sysdm.cpl と入力し、システムのプロパティを開きます。
  2. [詳細設定] タブの [環境変数] を選択します。
  3. HTTPS_PROXY 変数が設定されている、ログインユーザーのユーザー環境変数の [新規] を選択します。
  4. 以下を設定して OK を押します。

    変数名:NO_PROXY
    変数値:DCS マネージャーの IP もしくは FQDN

  5. OK を押してシステムのプロパティを閉じます。
  6. 開いているコマンドプロンプトを全て閉じた後に、再度コマンドプロンプトを起動して sisipsconfig -t を実行します。