search cancel

Log Check Frequencyの設定を変更しても、設定が反映されず元に戻る

book

Article ID: 243991

calendar_today

Updated On:

Products

Reporter-VA

Issue/Introduction

Reporter11.0.1.1へアップグレード後、Reporter Admin Consoleを使って、ログソース設定のLog Check Frequencyを
Custom ScheduleからUse Database Defaultに変更して保存しても、変更が反映されずCustom Scheduleのままになってしまいます。

対処方法を教えてください。

Environment

Release : 11.0.1.1

Component :RPAC

Cause

ご連絡頂いた事象は「RPT-1087」として調査を実施しております。

Resolution

【Workaround】
本件のWorkaroundですが、Reporterのファイルを直接編集頂く事で御対応可能です。
Reporterは、サービス起動中に設定ファイルの直接編集ができないので、実施する際は一度Reporterを停止する必要があります。

【Workaround】
1.Reporterの停止

reporter# stop-reporter
Are you sure? (y/N): y
Reporter stopped.

2.log_sources.cfgの編集
設定をDefaultに戻したいLog sourceの設定より、「frequency = { ~ } # frequency」までを削除します。
下記の計4行をただ削除するだけでOKです。
※ファイルの操作方法はvi editorと同じです。

reporter# edit-settings edit log_sources.cfg
log_sources = {
  assigned = {
    assigned_16a2e88c6beddd29153b089860587268 = {
      label = "alog" <-- log sourceの名前

--省略--

      frequency = { ←削除
        type = "minute" ←削除
        every = "20" ←削除
      } # frequency ←削除

--省略--

3.log_sources.cfgへの変更の適用
下記のCommitコマンドで設定を反映させます。

reporter# edit-settings commit log_sources.cfg
reporter#

4.Reporterの起動

reporter# start-reporter
Are you sure (starting Reporter will discard any uncommitted configuration file changes you have made) (y/N): y
Reporter starting.
reporter#

Attachments