search cancel

Endpoint Protection 14.2 でログオフ時にターミナルサーバーや Citrix サーバーのユーザープロファイルを削除できない

book

Article ID: 242147

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection (SEP) 14 がインストールされた端末で、ログオフ時に Citrix ローミングプロファイルが削除されない。以下の Windows Error Reporting フォルダーがロックされている。

  • Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Windows\WER\ReportArchive
  • Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Windows\WER\ReportQueue

Resolution

この問題は Symantec Endpoint Protection 14.3 RU1 (14.3.3384.1000) で修正されています。最新版のシマンテックエンタープライズ製品の入手方法に関しては Symantec Enterprise Security ソフトウェアのダウンロード をご参照ください。

アップグレードが難しい場合、以下の手順で SymQual コンポーネントを無効にすることで事象が回避できるかどうか、ご確認ください。

  1. 改変対策を無効にする の手順で改変対策を一時的に無効にします。
  2. <SEP インストールフォルダ>\<バージョン番号>\bin フォルダを開きます。
  3. sqsvc.dll、sqscr.dll、symerr.exe のファイル名を sqsvc.dll.old、sqscr.dll.old、symerr.exe.old にそれぞれ変更します。
  4. OS デスクトップの [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックし、smc -stop、smc -start の順に入力して実行します。
  5. 改変対策機能を再度有効化します。

Additional Information

[英語文書] Endpoint Protection 14.2 prevents Terminal Server\Citrix Server user profiles from being deleted at logoff