DLP Enforceサービス再起動の正しい順番

book

Article ID: 241844

calendar_today

Updated On:

Products

Data Loss Prevention Enforce Data Loss Prevention

Issue/Introduction

Symantec Data Loss Prevention (DLP) Enforceサービスを手動で再起動する場合、正しい順序で起動する必要があります。

Environment

DLP 15.1とそれ以降のバージョンでは、サービス名が当初の「Vontu」という名前から変更されました。
また、インストールやアップグレードの新しいモデルに伴い、「Update」サービスはなくなりました。

Resolution

Windows、または Linuxで以下の順番に従ってDLPサービスを停止、起動することは重要です。

DLP 15.1 および、それ以降のバージョンでサービスを停止

  1. SymantecDLPDetectionServerController
  2. SymantecDLPIncidentPersister
  3. SymantecDLPManager
  4. SymantecDLPNotifier

DLP 15.1 および、それ以降のバージョンでサービスを起動

  1. SymantecDLPNotifier
  2. SymantecDLPManager
  3. SymantecDLPIncidentPersister
  4. SymantecDLPDetectionServerController

DLP 15.0 および、それ以前のバージョンでサービスを停止

  1. VontuMonitorController
  2. VontuIncidentPersister
  3. VontuManager
  4. VontuNotifier
  5. VontuUpdate

DLP 15.0 および、それ以前のバージョンでサービスを起動

  1. VontuNotifier
  2. VontuManager
  3. VontuIncidentPersister
  4. VontuMonitorController
  5. VontuUpdate

Additional Information

※ このドキュメントは、以下のドキュメントを元に作成されています。

Restart DLP Enforce services in the correct order