search cancel

JTEC003063:CAPLWTRが自動停止しない理由について

book

Article ID: 239656

calendar_today

Updated On:

Products

SMR

Issue/Introduction

IPL後にCAPLSMRの再起動して、その際にCAPLSMR起動時に実行される、CAPLWTRが自動停止しませんでした。
なぜこのような事象が発生するのでしょうか。
SYSLOGの抜粋

    22106 20:42:26.21 S0122052 00000090  $HASP373 CAPLSMR  STARTED
    22106 20:42:26.22 S0122052 00000090  IEF403I CAPLSMR - STARTED - TIME=20.42.26
    22106 20:42:26.23 S0122052 00000090  SMR006I - CSA STORAGE OBTAINED
    22106 20:42:26.23 S0122052 00000090  SMR001I - SMR ACTIVE VERSION 3.4 GENLEVEL 0309
    22106 20:42:28.23 TSOUSR01 00000294  S CAPLWTR.CAPLWTR
    22106 20:42:28.25 S0122053 00000090  $HASP100 CAPLWTR  ON STCINRDR
    22106 20:42:28.27 S0122053 00000290  IEF695I START CAPLWTR  WITH JOBNAME CAPLWTR  IS ASSIGNED TO USER ZUISV
                                         , GROUP ZGISV
    22106 20:42:28.27 S0122053 00000090  $HASP373 CAPLWTR  STARTED
    22106 20:42:28.27 S0122053 00000090  IEF403I CAPLWTR - STARTED - TIME=20.42.28
    22106 20:42:28.29 S0122053 00000090  IEF188I PROBLEM PROGRAM ATTRIBUTES ASSIGNED
    22106 20:42:28.35 S0122053 00000090  IEF176I WTR CAPLWTR  WAITING FOR WORK, CLASS=L, DEST=LOCAL
     22106 20:42:28.36 S0100243 00000090  $HASP250 SYSLOG PURGED -- (JOB KEY WAS DB54E805)

 

Environment

Release : 3.4

Component : SMR

Resolution

このケースでは、USERIDのTSOUSR01がCAPLWTRを起動しています。
そのためCAPLSMRは、CAPLWTRの起動を認識しておらず、CAPLSMRの停止処理を実施しません。


CAPLSMRを介したCAPLWTRの自動停止のプロセスは以下のようになります。

1.CAPLSMRを起動をします。(手動もしくはOSのCOMMANDxxやOPSやNETVIEWなどの自動化ツール)
2.CAPLSMRのパラメータに設定された時刻で、WRITELOGコマンド発行されて、CAPLWTRが起動されます。
3.CAPLSMRは、OSからのIEF176Iメッセージをチェックして、CAPLWTRを停止します。

上記の流れのように、CAPLWTRの自動起動や自動停止は必ずCAPLSMRを経由して行われる必要があります。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003063

CA SMRのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA SMR FAQ一覧表