search cancel

メモリー使用について

book

Article ID: 238549

calendar_today

Updated On:

Products

PDSMAN

Issue/Introduction

PDSMANではどのようなメモリーをどの程度使用しますか?

Environment

Release: ALL

Resolution

PDSMANは、PDSMANに定義の制御文をPDSMAN初期化時に(E)SQAと(E)CSAにロードします。
その使用量は、PDSMANに定義の制御文に依存し、PDSMAN初期化時の以下メッセージにて確認することができます。

PDSM00-22:PDSMAN初期化処理で取得したメモリー
PDSM00-23:PDSMAN初期化処理でFREEしたメモリー

出力例

PDSM00-22  STORAGE BYTES USED:   SQA= 00004B90  CSA= 00000000  ESQA=000A8270  ECSA=00034000  
PDSM00-23  STORAGE BYTES FREED:  SQA= 00000000  CSA= 00000000  ESQA=00001000  ECSA=00001000

また、SCOPE=COMMON データ・スペースをPDSMDSP1という名称で取得します。
SCOPE=COMMON データ・スペースの最大数は、SYS1.PARMLIB(IEASYSxx)のMAXCADにて指定されます。


Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003069

PDSMANのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

PDSMAN FAQ一覧表