ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

IN25OPTS XRMIOパラメータについて

book

Article ID: 237911

calendar_today

Updated On:

Products

InterTest - CICS SymDump for CICS

Issue/Introduction

IN25OPTS  XRMIOパラメータを設定する際の考慮点を教えてください。

Environment

Release: ALL

Resolution

InterTest/SymDump for CICSには、CICSのグローバルユーザーEXIT XRMIOUTを使用し、SQLコマンド発行を監視する機能があります。
当機能を有効化した場合、InterTest/SymDump for CICS起動中は、SQLコマンド発行毎に当EXITが使用されます。

この監視機能によって、SQLコマンドが大量に発行されるシステムではIntertest for CICSを起動するだけでパフォーマンスの低下が報告されました。

InterTest/SymDump for CICS起動によってCICSのパフォーマンス低下、高CPU使用が報告された場合、
当EXIT実行による影響が考えられますので、InterTest/SymDump for CICS IN25OPTSのパラメータXRMIOをNOに設定し当監視機能を無効化してください。

なお、XRMIO=YESはLASTSQLコマンドの結果を常に保証します。
XRMIO=NOの場合でもLASTSQLコマンドは有効ですが、EXEC SQLコマンドの後にEXEC CICSコマンドが発行された場合のみ、そのSQLデータが無効となります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003067

CA InterTest/CA SymDumpのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

InterTest/CA SYmDump FAQ一覧表