search cancel

WSS Agentを使用して手動で特定のデータセンターに接続する方法

book

Article ID: 229185

calendar_today

Updated On:

Products

Web Security Service - WSS

Issue/Introduction

WSS Agentの接続先は、ユーザーのGlobal IPのGEO Locationに基づいて、最も近いデータセンターに決定されます。 
場合によっては別のデータセンターに接続テストをすることで、発生している問題が現在接続しているデータセンター固有の問題であるか確認が可能な場合があります。
これはWSS Agentで可能であり、トラブルシューティングの観点から役立ちます。

Environment

WSS Agent connecting to WSS

Resolution

PC端末上でWSS Agentが接続する場所を制御するには、wssadアプリケーションを使用します。 
管理者は、最初にWSSポータルでConnectivity->WSS Agent->WSS Agent Configurationから
'Disable Tamper protection'を有効(チェックボックスをON)にしてからPC端末上で次のコマンドを実行する必要があります。

Windows - 管理者権限でコマンドプロンプトから実行

[特定のデータセンターに接続]

"C:\Program Files\Symantec\WSS Agent\wssad.exe" -p dpOverride=データセンターのIPアドレス

データセンターのIPアドレス一覧

テストが完了したら、必ずオプションを削除してください。削除しないとユーザーは引き続きこのIPアドレスにアクセスします。 オプションを削除するには下記コマンドを実行します。

[オプションの削除]
"C:\Program Files\Symantec\WSS Agent\wssad.exe" -e dpOverride

macOS (Catalina and prior) - sudoを使用してrootとして実行

[特定のデータセンターに接続]
sudo /opt/symantec/wssa/wssad -p dpOverride=データセンターのIPアドレス

[オプションの削除]
sudo /opt/symantec/wssa/wssad -e dpOverride 

macOS (Big Sur and later) - sudoを使用してrootとして実行

[特定のデータセンターに接続]
sudo "/Applications/Symantec WSS Agent.app/Contents/MacOS/wssad" -p dpOverride=データセンターのIPアドレス

[オプションの削除]
sudo "/Applications/Symantec WSS Agent.app/Contents/MacOS/wssad" -e dpOverride

 

Additional Information

ArticleId:200262 How to configure WSSA to manually connect to a Data Center