search cancel

UEFI セキュアブートを有効にすると sisap または sisevt カーネルモジュールが "not loaded" になる

book

Article ID: 228392

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection Cloud Workload Protection Cloud Workload Protection for Storage Data Center Security Server

Issue/Introduction

UEFI セキュアブートを有効にすると、Symantec Endpoint Protection (SEP) for Linux の sisap または sisevt カーネルモジュールが "not loaded" になる。

/var/log/sdcsslog/sisap_init.log に以下のようなログが出力されている。

insmod: ERROR: could not insert module /etc/symantec/sis/driver/4.18.0-240.el8/sisap-x86_64-default.ko.xz: Required key not available

Cause

14.3 RU4 (14.3.2147.4000) より前の Symantec Endpoint Protection for Linux は UEFI セキュアブートに対応していません。

Resolution

Symantec Endpoint Protection Linux エージェント 14.3 RU4 (14.3.2147.4000) 以降は、以下のオペレーティングシステムの UEFI セキュアブートと互換性があります。

  • Red Hat Enterprise Linux 8.x

旧バージョンの Linux エージェントをインストールしている場合、または別のオペレーティングシステムを実行している場合は、UEFI セキュアブートを無効にする必要があります。

Additional Information

[英語文書] Endpoint Protection for Linux sisap and/or sisevt kernel modules show as "not loaded" when UEFI secure boot is enabled