search cancel

Intelligent Updater でダウンロードするファイル名を知りたい

book

Article ID: 228305

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Intelligent Updater を使用して定義更新をおこなう際にファイルが多数あるため、どのファイルをダウンロードすればよいかわからない。

Resolution

Intelligent Updater で使用するファイルは、「定義の種類」「Symantec Endpoint Protecion (SEP) のバージョン」「クライアントの種類」により使用するファイルが異なります。利用環境を確認し、正しいファイルをダウンロードする必要があります。

下記 URL の各カテゴリ欄 [Definitions] のリンクからダウンロードページにアクセスします。

定義ファイルの入手先 URL:

https://www.broadcom.com/support/security-center/definitions

  • ウイルスとスパイウェア対策の定義:File-Based Protection (Traditional Antivirus)
  • ネットワーク侵入防止の定義   :Network-Based Protection (IPS)
  • プロアクティブ脅威防止の定義  :Behavior-Based Protection 

注: クライアント用 Intelligent Updater では、拡張子が exe のファイルを使用します。

注: 拡張子が jdb のものは Symantec Endpoint Protection Manager 用となり、ここでは説明しません。.jdb ファイルをダウンロードして Endpoint Protection Manager の定義を更新する を参照してください。


ウイルスとスパイウェア対策の定義:File-Based Protection (Traditional Antivirus)

 

事前確認項目

  • OSのBit数
  • SEP のバージョン
  • クライアントの種類

SEPクライアントのバージョンとクライアントの種類を確認する手順

  1. タスクトレイの SEP アイコンをダブルクリックします。
  2. [ヘルプ] - [バージョン] からバージョンを確認します。
  3. [ヘルプ] - [トラブルシューティング] - [インストールの設定] でクライアントの種類 を確認します。

どの定義ファイルを適用するかは "ファイル名の末尾" で確認できます。

標準クライアントの場合

<date>-core3sdsv5i32.exe    SEP14.x (32bit) 
<date>-core3sdsv5i64.exe    SEP14 から 14.2 RU2 MP1 まで (64bit) 
<date>-core3sdssepv5i64.exe SEP14.3 以降 (64bit) 


ダークネットワーククライアントの場合

<date>-core15sdsv5i32.exe    SEP14.x (32bit) 
<date>-core15sdsv5i64.exe    SEP14 から 14.2 RU2 MP1 まで (64bit) 
<date>-core15sdssepv5i64.exe SEP14.3 以降 (64bit) 

 

ネットワーク侵入防止の定義:Network-Based Protection (IPS)

SEP のバージョンで判断します。

<date>-IPS_IU_SEP_<version>.exe

 

プロアクティブ脅威防止の定義:Behavior-Based Protection 

SEP のバージョンで判断します。

<date>-SONAR_IU_SEP.exe
※SEP14 から SEP14.3 RU1 まで

<date>-SONAR_IU_SEP_<version>.exe
※SEP14.3 RU2 以降

Additional Information

Intelligent Updater を使用して Endpoint Protection の定義を更新する