search cancel

SEP 14.3 RU3 で sav liveupdate --update コマンド実行時に Command failed: Scan engine not initialized となる

book

Article ID: 227735

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

SEP 14.3 RU3 の Linux クライアントをインストール後、/opt/Symantec/sdcssagent/AMD/tools/ フォルダにある sav コマンドを使い、sav liveupdate --update (sav liveupdate -u も同様)を実行すると、Command failed: Scan engine not initialized と結果が返ってきて、LiveUpdate に失敗する。また sisamd ログに以下の記録が残る。

var\log\sdcsslog\amdlog\sisamd_0.log:
2021-11-02 11:24:26: <info> [AMDMonitorThread::run]:378 Command Request received :TRIGGER_LU
2021-11-02 11:24:26: <info> [AMDMonitorThread::run]: 495 Command failed : Scan engine not initialized

Cause

sav コマンドで Command failed: Scan engine not initialized となる要因のひとつは、定義ファイルを保持ししていないまたは定義ファイルを更新できない場合があります。今回 sav コマンド実行しているのは liveupdate コマンドであるため定義ファイルの更新を行えない状況が推定されます。

Environment

14.3 RU3

Resolution

LiveUpdate は Broadcom の LiveUpdate サーバーか、利用環境内へ構築された LiveUpdate Administrator(以下 LUA)で構築された LiveUpdate サーバーへ接続して行います。正常に LiveUpdate または LUA サーバーへ接続できるかご確認ください。また接続にプロキシサーバーをご利用の際は、SEPマネージャ(以下 SEPM)の LiveUpdate ポリシーで指定してください。SEPM コンソールより対象クライアントの所属するグループに割り当てられている LivsUpdate ポリシー編集画面にて、Linux の設定 > サーバーの設定 > LiveUpdate プロキシの設定 > プロキシオプションの設定でご確認ください。