管理サーバー用の SQL クライアントコンポーネントのインストール

book

Article ID: 226009

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) には、以下の Microsoft SQL コンポーネントが必要です。

  • Microsoft ODBC Driver for SQL Server
  • Microsoft Command line utilities for SQL Server (bcp.exe と SQLCMD)

注: 14.3 RU1 以降、Microsoft SQL Server Native Client を事前にインストールする必要はなくなりました。14.3 MP1 またはそれ以前のバージョンをインストール/再インストールする場合は、SEPM をインストールする前に Microsoft SQL Server Native Client をダウンロードしてインストールする必要があります。

Resolution

SQL Server 2016 (RTM, SP1, SP2)、SQL Server 2017、SQL Server 2019 の場合

  1. SEPM 上に SQL Client tools というフォルダを作成します (例: C:\SQL_Client_tools)。
  2. ブラウザを開き、以下の URL にアクセスして言語を選択し、必要なコンポーネントをダウンロードします。
  3. すべてのファイルをダウンロードしたら、Windows エクスプローラーを開いて、手順 1 で作成したフォルダに移動します (例: C:\SQL_Client_tools)。
  4. msodbcsql.msi をダブルクリックして ODBC Driver for SQL Server をインストールします。インストールが終了したら MsSQLCmdLnUtils.msi をダブルクリックして、SQL Server 用の Microsoft Command line utilities をインストールします。

これらのインストールが完了したら、Symantec Endpoint Protection Manager をインストールしてください。


追加情報

SQL server 2014 以降 Bcp.exe は C:\Program Files\Microsoft SQL Server\Client SDK\ODBC\<バージョン>\Tools\Binn に配置されます。SEPM のインストール時に "SQL Server Client tools must be installed on your server" というエラーが表示されることがあります。このメッセージが表示された場合は、OK をクリックした後、[Browse] をクリックして Bcp.exe の場所を確認してください。