SEP 14.3 RU3 でのスキャン実行後のクラッシュの問題

book

Article ID: 225910

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Windows版の Symantec Endpoint Protection (SEP) 14.3 RU3 をインストールし、スキャンを実行するとアプリケーションエラーが発生しSEPクライアントがクラッシュします。

アプリケーションエラーの内容:

障害が発生しているアプリケーション名: ccSvcHst.exe、バージョン: 17.2.8.12、タイム スタンプ: 0x60d0f275
障害が発生しているモジュール名: ucrtbase.dll、バージョン: 10.0.17763.1490、タイム スタンプ: 0x51d4b57a
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x0004dd06
障害が発生しているプロセス ID: 0xc18
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d7b9bf363b4fda
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files (x86)\Symantec\Symantec Endpoint Protection\14.3.5413.3000.105\Bin\ccSvcHst.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\System32\ucrtbase.dll
レポート ID: e3db4d6c-f855-4ad3-a2d8-393667f7f66a
障害が発生しているパッケージの完全な名前:
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID:

なお、エラー発生直後にSEPクライアントは自動起動され正常に稼働しています。

Environment

日本語環境で動作する Windows版 Symantec Endpoint Protection クライアント 14.3 RU3

Resolution

この問題は弊社でも確認済みの既知の問題です。将来のバージョンにおいて修正される予定です。

現時点での回避策としては以下のいずれかをご検討ください。

  • 英語版SEPクラアント14.3 RU3を使用する
  • 旧バージョンの日本語版SEPクラアント14.3 RU2以前を使用する

Additional Information

ESCRT-8192