ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

Email Security.cloud セルフサービスプロビジョニングの手順について

book

Article ID: 225823

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

本KBでは、Email Security.cloud を契約されたお客様が最初に実施する、プロビジョニング作業(ドメイン登録、インバウンドIP登録、メールリストの登録)の流れについてご説明いたします。

Environment

Email Security.cloud

Resolution

スクリーン1:Welcome画面

この画面では、操作は発生しません。最初のドメインおよびインバウンド経路の入力が完了するまで、ClientNetにログインする度にこのスクリーンが表示されます。進めるには“次へ”をクリックしてください。ウィザードの適切な段階へ誘導します。

 

スクリーン2:Welcome画面2

この画面では、お客様がドメイン登録のために行う必要がある設定内容を紹介しております。また、シマンテックからのアップデート情報を受け取るための連絡先のメールアドレスを入力していただきます。本プロセスの進捗に関するメールが送付されます。画面右上にある”?”のアイコンは、プロビジョニングの各行程におけるヘルプを提供します。

 

スクリーン3:ドメインの入力

ドメイン登録を行うには下記の条件を満たしている必要があります。

  1. 他のユーザーによって既にプロビジョニングされていない
  2. ドメインがトップレベルドメインの識別子を持っている(例. “.com”が最後に付く)
  3. ドメインがDNSに登録されている

ドメイン名を入力後、右の[検査]をクリックするとサービス側からドメインのチェックが行われます。チェックにて問題がない場合、失敗した場合は、それぞれ以下の画面が表示されます。

ドメインのチェックに成功した場合

ドメインのチェックに失敗した場合

 

スクリーン4:ドメイン所有権の確認

ドメインを追加するには、ドメインの所有者であることを示す必要があります。所有権の確認には2つの方法があります。

    1. Eメールによる確認(短時間で完了できるため推奨)
       ・Eメールが、ドメイン内の事前に設定されたアカウントリストにある1つのアドレスに送付されます。このアドレスは、通常ドメイン管理者にしかアクセスできません。
       ・このメールには「検証キー(Validation Key)」が含まれています。このキーは次のステップで必要となります。    
    2. DNSによる確認:GUI上に表示されるコード
       ・ドメインの問い合わせのために、DNSレコード上に、TXTレコードを作成する必要があります。
       ・この所有権の証明は、登録対象となるドメインに管理者としてアクセスできることを確認するために必要となります。
       ・確認に要する時間は、ドメインに適用されているTTLに応じて変わります。

※ 「悪用」は[email protected]、「セキュリティ」は[email protected]のアドレスに送付されます。

 

スクリーン5:インバウンド経路の確認

  • インバウンド経路は、クラウド側で受け付け、処理したインバウンドメールを、お客様のメールサーバーに配送するために、クラウド側から接続するIPアドレスもしくはホスト名となります。
  • 外部に公開されているIPのみ入力してください。内部のIPアドレスが追加された場合、警告が表示されます。
  • 確認には少し時間がかかります。そのため、確認結果を待たずにウィザードを進めることも可能です。
  • 1度に1つのIPしか入力できません。

インバウンド経路のチェックに失敗した場合は、以下の画面が表示されます。

 

スクリーン6:サービスの設定

  • お客様が購入されたサービスと設定のサマリが表示されます。
  • この後のステップでは、追加でドメインを登録できません。
  • もしドメインの追加・変更を行いたい場合、一旦プロビジョニングを完了し、個別のサービス設定ページにて行ってください。

 

スクリーン7:アドレス登録

・ ここでは3種類のオプションがあります。
   1. メールアドレスのリストファイルをアップロード
      メールアドレスのリストは、1行1メールアドレスの形でテキストファイルを作成してください。
   2. ドメイン登録完了後すぐにアドレス同期ツール:Schemusを使えるよう指定
   3. 個別にアドレスを追加

・ 警告:もし、完全なメールアドレスが登録される前に、MXレコードがクラウドを指すよう変更されると、リストに登録されていないメールアドレスは、メールが受信できなくなってしまいます。
・ アドレス登録は非常に重要なステップとなります。プロビジョニング処理を進める前に、確認のウィンドウが表示されるため、管理者は再度アドレスリストを確認いただくことを推奨いたします。

 

スクリーン8:次のステップ

DNSのTXTレコードによるドメイン所有者確認を選択した場合

  • 次のステップは、ドメインの所有者確認に方法によって異なります。
  • メールを使ったドメイン所有者の確認を選択した場合、検証キー(Validation Key)を入力するよう促されます。
  • DNSのTXTレコードによる所有者確認を選択した場合、DNSのレコード確認が完了していれば、作業は完了となります。
  • すべての領域を確認もしくは完了するには、正しい設定ページにたどり着くまで、”戻る"をクリックします。
  • “保存して閉じる"をクリックすることで、後でこの画面に戻ってくることができます。
  • 最後に、“完了”をクリックして、ウィザードを閉じます。完了をクリックすると、この前のステップに戻ることができなくなります。(ただし、コンソール上のドメインページから追加のアクションを取ることができます)

 

メールによるドメイン所有者確認を選択した場合

DNSのTXTレコードによるドメイン所有者確認を選択した場合

 

スクリーン9:ポータル上での設定の継続

エラーの例:

  • “完了"をクリックし、ウィザードを閉じます。
  • その後、エラーが確認されたら、[サービス] > [Email Security Services] > [ドメイン]へ移動します。
  • エラーは、ウィザードのその問題の特定のページを開くハイパーリンクで示されており、エラーの理由を確認でき、修正できるようになっております。

正常にドメイン登録が完了した場合:

  • もしクラウドを経由してアウトバウンドメール送信される場合、ClientNetの[サービス] > [Email Security Service] > [アウトバウンド経路]から設定ができます。
  • 一旦ドメインの設定が成功すると、設定の変更は[サービス] > [Email Security Service] > [インバウンド経路]で行えます。
  • その後、同じように表示されるウィザードで、ドメインの追加も可能です。

 

 

Attachments