スパム対策のベストプラクティス設定

book

Article ID: 225620

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

スパム対策のベストプラクティス設定について知りたい。

Resolution

Email Security.cloudサービスでスパム対策サービスがプロビジョニングされている場合、このサービスはデフォルトでは有効になっていません。

検出設定を最初に有効にするときは、各メソッドのアクションとして「件名にタグを付ける」または「隔離」(有効な場合)を選択することをお勧めします。これらの設定を使用すると、スパムとして検出されているメールを評価し、これらの設定が組織のメールフローに対してどのように機能するかを判断できます。サービスがスパムメールのみを検出していると確信できる場合は、特定の検出設定のアクションをベストプラクティス設定に変更します。

ベストプラクティス設定に変更するには  

注意)ブロックして削除した場合、メールは遮断され残りませんので、疑わしいメールをリリースして確認したい場合や、誤検知された場合に取得してサンプルを提供したい場合には、隔離に設定してください。

  1. [サービス]> [電子メールサービス]> [スパム対策]を選択します。

  2. [ドメイン]ドロップダウンリストから[グローバル設定]または特定のドメインを選択します。

  3. [検出の設定]タブで、関連する設定を次のように変更することをお勧めします。:

    SPF:メールをブロックして削除するように設定します。
    DMARC:隔離(利用可能な場合)に設定するか、送信者のDMARCポリシーを使用します。

    ブロックされた送信者リスト(IPアドレスのみ):メールをブロックして削除するように設定します。
    ブロックされた送信者リスト(ドメインと電子メールアドレスのみ):[ブロックしてメールを削除する]に設定します。
    ダイナミックIP遮断リスト:メールをブロックして削除するように設定します。
    シグネチャ処理システム:メールをブロックして削除するように設定します。
    Skeptic™ヒューリスティック:電子メールを隔離する(利用可能な場合)か、メールをブロックして削除するように設定します。
    ニュースレター/マーケティングの検出:電子メールを隔離する(利用可能な場合)か、件名にタグを付けますが、メールの通過を許可するように設定します。

予測型(ヒューリスティック)スパム検出の有効化については次を参照してください。

予測型(ヒューリスティック)スパム検出の有効化(日本語ヘルプドキュメント)