APFやLNKLSTに登録されたデータセット名を動的に変更する

book

Article ID: 225387

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services CA Panvalet CA Librarian CA Endevor Software Change Manager (SCM) CA Roscoe

Issue/Introduction

製品のランタイム・ライブラリについてリネームを試みたが、"IN USE"ステータスとなり変更できない。

例)
Prefix.CAW0LINK
Prefix.CAW0LOAD
Prefix.CAW0PLD
Prefix.CCCSLINK
Prefix.CCCSLOAD

Environment

Release : ALL

Resolution

LLAがデータセットをアロケーションしているため、名前を変更することはできません。
リネームを行う場合は、次の手順を実施してください。


1. "D PROG,APF" および "D PROG,LNKLST" コマンドを入力し、APFおよびLNKLSTの登録状況を確認してください。
    LNKLSTについては、LNKLST SETの名前を確認してください。

例)
  D PROG,APF
  CSV450I hh.mm.ss PROG,APF DISPLAY nnn
  FORMAT=DYNAMIC
  ENTRY VOLUME DSNAME
     1  xxxxxx SYS1.LINKLIB
     2  xxxxxx SYS1.SVCLIB
                 :
                 :
    25  xxxxxx xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx
    26  xxxxxx xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx

  D PROG,LNKLST
  CSV470I hh.mm.ss LNKLST DISPLAY nnn
LNKLST SET LNKLST00   LNKAUTH=APFTAB   <==この場合、LNKLST00です(IPLしたままの状態はIPLです)
  ENTRY  APF  VOLUME  DSNAME
     1    A   xxxxxx  SYS1.LINKLIB
     2    A   xxxxxx  SYS1.MIGLIB
                 :
                 :
    20    A   xxxxxx  xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx
    21    A   xxxxxx  xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx


2. "SETPROG LNKLST,DEFINE,NAME=new-set,COPYFROM=lnklst00" コマンドを入力し、新しいLNKLSTセットを作成してください。
    これは、LNKLST00の内容をコピーし、new-setとして作成します。


3. APFとLNKLST(new-set)から該当データセットを削除してください。

  APFの削除:
    SETPROG APF,DELETE,DSNAME=xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx,VOLUME=xxxxxx
  LNKLSTの削除:
    SETPROG LNKLST,DELETE,NAME=new-set,DSNAME=xxxxxx.xxxxxx.xxxxxx,VOLUME=xxxxxx


4. "D PROG,APF" と "D PROG,LNKLST" コマンドを入力し、該当データセットが削除されたことを確認してください。


5. "SETPROG LNKLST,ACTIVATE,NAME=new-set" コマンドで、LNKLST(new-set)をACTIVATE状態にします。
    コマンド入力後、"CSV500I LNKLST SET xxxxxxxx HAS BEEN ACTIVATED" メッセージが出力されます。


6. "SETPROG LNKLST,UPDATE,JOB=*" コマンドで、アドレス空間を更新してください。
    コマンド入力後、"CSV504I JOB * IS NOW USING THE CURRENT LNKLST SET" メッセージが出力されます。


7. 念のため "F LLA,REFRESH" コマンドでLLAをリフレッシュしてください。