サンプルメールを取得できない

book

Article ID: 225373

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

アウトバウンドでスパム検知が発生した。誤検知と思われるため Email Submission からメールを提出したいが、システムから送信されるメールであるため、サンプルメールを取得できない。

Resolution

メール誤検知が発生した場合、弊社サービスのスパム検知ルールの調整にて対応しています。

ご参考:
Error: "553-Message filtered" for legitimate email incorrectly marked as spam

ルール調整のためには送信しようとしたオリジナルメールを Email Submission より提出していただくことが必須となっています。システム等から送信されるアウトバウンドメールでサンプルを取得できない場合、以下のいずれかの方法をご検討ください。

  • 同様のスパム検知が再現されるメールを手動で作成する

オリジナルメールの内容(文面)をコピーして、システムから送信されるメールを模したメールを作成します。可能であればヘッダー部分も同じものが含まれるメールを作成してください。作成したメールをメールクライアントから手動送信してスパム検知状況を確認し、検知された場合は Email Submission にて提出してください。

  • NDR からオリジナルメールを取得する

システムから送信されるメールの送信元アドレスでメールを受信できるように設定し、スパム検知により遮断された際にお客様のメールサーバーが送信する NDR を受信できるようにしてください。送信されたメール内容を NDR に添付して送信するようにメールサーバーを設定しますと、オリジナルメールを取得できます。オリジナルメールの一部の内容のみしか NDR に含まれない場合でも、上記のメール手動作成時に参考にすることができます。

  • パケットキャプチャにより送信メールを復元する

システムから送信されるメールをネットワーク経路上にてパケットキャプチャしてください。SMTP セッションで送信される文字列をすべて復元することにより、メール内容を取得できます。取得文字列から .EML ファイルを作成し Email Submission にて提出してください。

  • 弊社サービスを経由しないで送信

事象が解消しない場合は、当該システムが送信するメールについては弊社サービスを経由せずに送信されるようご利用のメールサーバーを設定してください。

注意事項:
1. 承認送信者リスト
承認送信者リストはインバウンドメールについてのみ有効です。アウトバウンドメールではスパムスキャンをバイパスすることはできません。

ご参考:
承認/遮断送信者リストについて

2. Email Submission で提出するメール
Email Submission での検査は弊社サービスに送信されたメールのみが検査対象となります。弊社宛に送信されていないメールを提出しても正しく検査は行われません。