Email Security.cloud (ESS) から他社サービスに移行する際に必要な手順について

book

Article ID: 225189

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

Email Security.cloud (ESS) を解約し、他のサービスに移行される際に必要となる設定変更手順についてご案内します。
Email Security.cloud (ESS) をご利用のお客様同士のメール配送は通常とは異なる仕組みで行われる場合があるため、 MX レコードを Email Security.cloud から他のサーバーに変更する際はサービス構成の変更が必要となります。

Resolution

MX/SPF/DKIM レコードの設定変更前に行うこと:

インバウンド経路の設定変更

すべての受信メールを新しい MX レコードで受信する予定の場合は、現在の MX レコードを変更する前に、インバウンド経路の MTA を新しい MX レコードのホスト名に更新して下さい。

インバウンド電子メール経路の管理

ドメインが Email Security.cloud から完全に削除されるまでは、 Email Security.cloud の SPF レコード "include:spf.messagelabs.com" を保持するようにして下さい。
DKIM でメールに署名を行っている場合は、ドメインが Email Security.cloud から完全に削除されるまで、 DKIM のセレクタを保持するようにして下さい。

MX レコードを変更する時の注意事項:

インバウンド経路の変更が反映されたことを確認した後に MX レコードを変更して下さい。
変更が完全に反映されるまでに最大 1 時間程度かかる場合があります。

MX レコードの設定変更後に行うこと:

ドメインの削除

新しい MX レコードの設定から 4 時間程度経過後に、 Email Security.cloud からドメインを削除して下さい。
また、 Email Security.cloud に関連付けられている古い DKIM セレクタ、SPF レコードのエントリも削除して下さい。

ドメインの削除が行われるまではアドレス登録の設定を更新し続ける必要があります。
更新が行われないと、アドレス登録がオンになっているドメインの未登録アドレスへのメール送信が失敗する可能性があります。

注意: ドメインが EmailSecurity.cloud(ESS)から削除されると、そのドメインに関する以下の情報は削除されます。

  • ClientNet にて設定した内容
  • ログ・レポート
  • スパム・マルウエア検知され隔離されているメール
  • Email Quarantine のアクセス

 

ドメインが削除される前の配送動作について

ドメインの設定を削除せずに残したままにすると、 Email Security.cloud をご利用のお客様間のメール配送が失敗する場合があります。

同じクラスターに所属するお客様間のメールは、 MX レコードを参照せずに直接配送先のインバウンド経路の  MTA へ配送されます。
このために、インバウンド経路を移行先の MTA に更新していない場合、他の Email Security.cloud ユーザーからのメールが正しく
受信できなくなる場合があります。

参考

Email Security.cloud サービスを解約する場合は、以下のリンクを参照して下さい。

Cancel account for Email/Web Security.cloud (150574)