14.3 RU2 のクライアントインストールパッケージが重複している

book

Article ID: 224666

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) 14.3 RU2 コンソールの [管理] - [インストールパッケージ] - [クライアントインストールパッケージ] で、バージョン 14.3 RU2 のクライアントインストールパッケージが重複している。

それらの [パッケージ名] は

  • WIN32BIT の Symantec Endpoint Protection バージョン 14.3 RU22 
  • WIN64BIT の Symantec Endpoint Protection バージョン 14.3 RU22 

となっており、ダブルクリックすると [言語] が "英語" となっている。

Environment

SEPM 14.3 RU2 (14.3.4615.2000) 日本語版

Resolution

重複しているようにみえるインストールパッケージは、英語版 SEP 14.3 RU2 パッチ 1 (14.3.4637.2000) を、日本語版 SEPM 14.3 RU2 が LiveUpdate でダウンロードしたために追加されたものです。パッチについての詳細は、Symantec Endpoint Protection 14.3 RU2 の新機能 の [Symantec Endpoint Protection Manager] の項を参照してください。

 

日本語版などローカライズ版 の SEPM の LiveUpdate は、コンソールの [管理] - [サーバー] - [ローカルサイト] - [サイトプロパティを編集] - [LiveUpdate] タブ - [ダウンロードする言語]  の設定で [英語] が必須で含まれているために、英語版のパッチを (日本語版パッチとともに) 自動的にダウンロードする実装となっています。

"Symantec Endpoint Protection バージョン 14.3 RU22" という名称は、パッケージ名を右クリック - [プロパティ] で変更することができます。

Additional Information

ESCRT-7927

Attachments