Gmailに送信されたメールにおけるエラー Error: "421-4.7.0 This message does not have authentication information or fails to pass authentication checks"

book

Article ID: 223870

calendar_today

Updated On:

Products

Email Security.cloud

Issue/Introduction

Symantec Email Security.cloudサービスを使用してGmailアドレスに送信された電子メールは、一時的に認証チェックに失敗し、電子メール配信が再試行される可能性があります。

次のエラーが観察されます:

550-5.7.1 [xx.xx.xx.xx] Our system has detected that this message is 
550-5.7.1 likely unsolicited mail. To reduce the amount of spam sent to Gmail,
550-5.7.1 this message has been blocked. Please visit
550-5.7.1 https://support.google.com/

421-4.7.0 This message does not have authentication information or fails to pass
421-4.7.0 authentication checks. To best protect our users from spam, the
421-4.7.0 message has been blocked. Please visit
421-4.7.0  https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for more
421 4.7.0 information. u9si1678564pge.242 - gsmtp

Delivery attempt failure - transient
Attempted delivery 6E/AB-19374-89FB5695 to xx.xx.xx.xx on Wed Jul 12 06:20:11 2017
Error Message: "421-4.7.0 This message does not have authentication information or fails to pass"
Retries attempt: 0
Time message queued: 3.04 seconds

Cause

Gmailは、SPF、DMARC、DKIMなどのドメイン認証方法を使用しないドメインからのメールをブロックまたは遅延させるセキュリティポリシーを使用しています。

  • 送信者に対するGmailのポリシーの詳細については、右のリンクを参照してください。(英文) Gmail Bulk Sender Guidelines.

Environment

  • Email Security.cloud
  • Gmail

Resolution

Gmailへの配信の失敗や遅延を回避するために、SPF、DMARC、およびDKIMを実装することをお勧めします。
これらはドメインレベルのサービスであり、DNSレベルで実装されます。
これらのレコードがあると、ドメインに追加のセキュリティが提供され、なりすましの防止に役立ちます。 DMARCが重要な理由を参照してください。(英文) Why is DMARC Important?

 

  • 注: 少なくとも、すべてのドメインにSPFレコードを含める必要があります。
  • このエラーを受け取り、すでにSPFレコードがある場合は、レコードが正しくない可能性があるため、レコードを検証してください。

次の記事は、Email Security.cloudを使用したSPF、DMARC、およびDKIMの実装を支援します。(英文記事)