『EXEC CICS CHANGEPASSWORD』のコマンド結果について

book

Article ID: 221844

calendar_today

Updated On:

Products

CA Top Secret

Issue/Introduction

CICS端末から、『EXEC CICS CHANGEPASSWORD』で存在しないユーザーIDを指定して実行したところ
『NOTAUTH RESP2=19(USERIDが取り消された)』となりました。
これはTop Secretの仕様でしょうか?

Environment

Release : 16.0

Component:Top Secret for z/OS


Resolution

『EXEC CICS CHANGEPASSWORD』に存在しないユーザーを指定した場合に『NOTAUTH RESP2=19』が発行されるのは
Top Secretの仕様となります。

     補足:
    『EXEC CICS VERIFYPASSWORD』の場合、存在しないユーザーを指定したケースでは『USERIDERR RESP2=8』が発行されます。

    この差異は 
    『EXEC CICS VERIFYPASSWORD』は『REQUEST=EXTRACT』、

    『EXEC CICS CHANGEPASSWORD』は『REQUEST=VERIFYX』で

    検証要求が実施されることで発生しており、当差異は現状Top Secretの仕様となります。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003025

Top Secretのその他FAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA Top Secret FAQ一覧表