アップグレード後 "予想外のサーバエラー。エラーコード : 0x10010000" が表示され SEP マネージャーへログインができない

book

Article ID: 220806

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) 14.3MP1 以前のバージョンから、SEPM 14.3 RU1 以降へバージョンアップ後、ログインすることができない。

 

C:\Program Files (x86)\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\apache\logs\reporting.log

に以下のログが記録されている。

ERROR:warning: error at login. will retry once. error message : <b>Source:</b> Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers<br/><b>Description:</b> [Microsoft][ODBC Driver Manager] データ ソース名および指定された既定のドライバーが見つかりません。
ERROR:fatal error at login: \r\nEXCEPTION block1: Error message: <b>Source:</b> Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers<br/><b>Description:</b> [Microsoft][ODBC Driver Manager] データ ソース名および指定された既定のドライバーが見つかりません。\r\nError code: -2147352567\r\nFile and line: C:\Program Files (x86)\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\Php\Include\Common\ado.php(95)\r\n

Cause

SEPM が保持する DB のパスワードに Microsoft SQL サーバーで使用できない文字が含まれているため。

Resolution

管理サーバー設定ウィザードを使用して DB のパスワードを変更してください。

  1. スタートボタン > [Symantec Endpoint Protection Manager] > [管理サーバーの設定ウィザード] を実行します。
  2. [ようこそ] の画面はそのまま [次へ] をクリックします。
  3. [サーバー名とポート一覧] の画面もそのまま [次へ] をクリックします。
  4. [使いたいデータベースの種類を選択] の画面で、[データベース管理者のパスワードを変更する] のチェックを入れ新しいパスワードを入力して [次へ] をクリックします。
  5. ウィザードを最後まで終了させます。
  6. 完了後 SEPM のログインを試します。