search cancel

Ghost ブートディスクにコマンドラインスイッチを組み込む手順

book

Article ID: 215898

calendar_today

Updated On:

Products

Ghost Solution Suite

Issue/Introduction

Ghost ブートディスク内に、コマンドラインスイッチを組み込みたい。

 

Environment

Ghost Solution Suite 3.x

 

Cause

ブートディスク起動時に、手動で追加したコマンドラインスイッチを追加すると、次回起動時に消えてしまう。

手動で入力したコマンドラインスイッチを、ブートディスク起動時に自動で実行されるようにブートディスク内に追加したい。

 

Resolution

ブートディスク内にコマンドラインスイッチを追加するには、Boot Disk Creator 内の "startup.bat" ファイルを編集します。

 

■ブートディスク内にコマンドラインスイッチを組み込む手順

  1.  [スタート] > [すべてのプログラム] > [Symantec Ghost] > [Boot Disk Creator] を起動します
  2. 左ペインの [構成] 配下の作成済の構成の中の[startup.bat] を選択します
    1. Ghostの起動部分を編集します
      ※編集前/後の記述は、ブートディスク作成方法により異なります

      例)-ntexact スイッチを組み込む例

      ▼X86版のプリブートオペレーティングシステムファイルのみをインストールしている場合

                  [編集前]
                  start ghost32.exe
                  [編集後]
                  start ghost32.exe -ntexact


      ▼X64版のプリブートオペレーティングシステムファイルのみをインストールしている場合

                  [編集前]
                  start ghost64.exe
                  [編集後]
                  start ghost64.exe -ntexact


      ▼X86版およびX64版のプリブートオペレーティングシステムファイルをインストールしている場合

                  [編集前]
                  if exist ghost32.exe (start ghost32.exe) else (start ghost64.exe) 
                  [編集後]
                  if exist ghost32.exe (start ghost32.exe -ntexact) else (start ghost64.exe -ntexact)

      ----------
      ※複数のコマンドラインスイッチを追加する場合は、間に半角スペースを入れてください
      例)start ghost64.exe -ntexact -fdsp
      ----------

  3. メニュー左上のフロッピーディスクアイコンをクリックして内容を保存します
  4. [構成] 配下の作成済の構成を右クリック -> [ブートディスクの作成]からブートディスクを再作成します

 

 

 

Additional Information

startup.batファイルは、ブートディスクで起動したコンピュータの以下のパスに保存されています。

X:\startup.bat