search cancel

Symantec Endpoint Protection Manager: 通知条件の設定で実行ファイルを指定する方法について

book

Article ID: 215495

calendar_today

Updated On:

Products

Endpoint Protection

Issue/Introduction

Symantec Endpoint Protection Manager(a.k.a SEPM) の通知条件設定で実行ファイルの指定ができます。
設定画面で以下の記述がありますが、どこでパラメータの指定をしてよいかが不明です。
---
  バッチファイルまたは実行可能ファイルを <drive>...\Symantec Endpoint Protection Manager\bin フォルダに追加する必要があります。 
  区切り記号のリストでファイル名を semlaunchsrv.properties のユーザー定義のタスクキーに追加します。 
  次に例を示します。 
  sem.launchsrv.authorized.userdefined.tasks=bin\\notification.bat|bin\\runmybat.bat

Cause

N/A

Environment

Release : All

Component : Symantec Endpoint Protection Manager

Resolution

実行ファイルのフィールドでは左のチェックマークをチェックして、バッチまたは実行ファイル名を入力します。
その後以下の手順で設定してください。

  1. 実行可能なバッチファイルを用意し、下記の場所に保存します。
      例: C:\Program Files (x86)\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\bin
  2. 下記のファイルをテキストエディターで開きます。
      例: C:\Program Files (x86)\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\tomcat\etc\semlaunchsrv.properties
  3. 下記の一行を追加し、上書き保存します。
      sem.launchsrv.authorized.userdefined.tasks=bin\\指定したバッチまたは実行ファイル名
  4.  Symantec Endpoint Protection Manager サービスを再起動します。