ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

PDSMAN : PDSEサポートについて

book

Article ID: 212364

calendar_today

Updated On:

Products

PDSMAN

Issue/Introduction

PDSMANのPDSEに対するサポート状況や考慮点を教えてください。

Environment

Release : 7.7

Resolution

PDSMANのPDSEサポート状況および考慮事項は以下の通りです。

制御ステートメント

  • $DYNBLDL
    - BLDL、FIND、DESERVの統計情報はPDSのみ
  • $IEBCOPY 
    - PDSEが出力の場合、DSCB更新のOBTAIN処理の間、RESERVEが発行される
    - 以下のパラメータはPDSのみ有効
      OUTPUTEMPTY
      CONVERTAWO
    - VALCHECK
      当パラメータ指定有無に関わらずPDSEは常に処理対象
  • $UPDATE
    - PDSEから他PDSEデータセットへのコピー処理検知
      FASTCOPY=Yが必要
    - SPMONパラメータ
      PDSEではTnnのみ有効(PDSEではSnnとPnnは無効)

 

EZYEDIT

  • 以下のコマンドはPDSのみ有効
    - ADDSPACE
    - ALTERDIR
    - ERASE
  • CLONEコマンドのDIRパラメータ
    - PDSEを作成する場合はNOLIMITを指定
  • RELEASE
    - PDSEでは常に全未使用域を解放

 

FASTCOPY

  • FASTCOPY機能についてIBM IEBCOPY提供の機能、PDS、PDSEのサポートの比較
FASTCOPY機能
IEBCOPY提供 PDSサポート PDSEサポート
MOVE No Yes Yes
COPY Yes Yes Yes
COPYMOD Yes Yes n/a
ALTERMOD Yes Yes n/a
COMPRESS No Yes n/a
VALIDATE No Yes n/a
EMPTY No Yes Yes
EMPTYO No Yes Yes
RELEASE No Yes Yes
ALTERDIR No Yes n/a
EDITDIR No Yes Yes
RECOVER No Yes n/a
XCOMPRESS No Yes n/a

 

  • FASTCOPY機能オフ化
    - 出力がPDSMAN管理のPDSEで入力もPDSEの場合、以下の指定は無効
      //FCOPYOFF DD DUMMY
  • 以下はPDSEでは無効
    - Space Reuse
    - FastStow ($BSI制御文 FASTSTOW=Y 指定で$UPDATEにPDSE指定)

 

LLA ExtensionsとPerformance関連

  • Dynamic BLDL ( JOBLIB/STEPLIB と Private library )
    - PDSEでは指定の全データセットでDynamic BLDLとUNIQUE=Y指定の場合のみ有効
  • STEPLIBにPDSE指定がある場合のPFO機能
    - 指定の全データセットが$PFO制御文に指定がある場合のみPFO機能有効化
  • PDSM26レポート
    - BLDLとDESERVの情報はPDSのみ有効

 

Member Archiving and Recovery 機能

  • Adding and Removing Member Control Information (PDSM12)
    - PDSのみ有効
  • PDSM38 Utility
    - PDSロードライブラリーからPDSEオブジェクトライブラリーのメンバーコピーでは
      JOB名更新情報は無効

 

Partitioned Resource Monitoring機能

  • モニタリングから除外対象であるPDSEは「bypassed」として出力

 

Productivity Tools 機能

  • PDSM18 String Scan and Replace utility
    - PDSEメンバーは物理ブロック単位で処理
    - オブジェクトライブラリーの文字列更新は不可
  • Library Space Monitoring
    - PDSE はSPMON=Tnnオプションのみ有効
  • Directory Space Monitoring
    - PDSEでは無効
  • PDSM13 Library Map and Analysis utility
    - PDSEでの制限
        ・STATSとSPACE機能は無効
        ・MAPレポート出力はTTRではなくメンバー名順
        ・VALIDATEはI/Oとaliasエラーは検知、メンバーオーバーラップエラーは検知不可
        ・LMAPは無効
  • PDSM11 Compression Scheduling utility 
    - PDSEは無効

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC003004

PDSMANのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。