JTEC002986:CA 1 TMSXTENDユーティリティーのサンプルJCLについて

book

Article ID: 211237

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

拡張形式TMCを使用していますが、新たにVOLUMEを追加したいと思います。
TMSXTENDのSYSINのサンプルJCLはありますか?

Environment

Release:r11.0以上
OS: z/OS

Resolution

TMSXTENDのJCLでは、VOLUMEレンジやDSNBの追加、削除を行うことができます。
またCPULIST DDステートメントでは、TMCを共有するCPUを除外したり、追加したりすることができます。
(サンプルJCLの格納先:prefix.CTAPJCL(TMSXTEND)

//TMSXTEND JOB (ACCOUNT)                                                
//**------------------------------------------------------------------*
//**                                                                  *
//**       TMSXTEND DYNAMICALLY BUILDS A NEW TMC WHILE TAPE PROCSSING *
//**       IS ALLOWED TO CONTINUE.                                    *
//**                                                                  *
//**------------------------------------------------------------------*
//TMSXTEND PROC PRM='TEST',                                            
//             SOUT='*',                                              
//             REGN='4M'                                              
//TMSXTEND EXEC PGM=TMSXTEND,REGION=&REGN,                            
//             PARM='&PRM'                                            
//TMSRPT80   DD SYSOUT=&SOUT             /* TMSBLDVR      */          
//TMSRPT81   DD SYSOUT=&SOUT             /* TMSAUDEX      */          
//SYSPRINT   DD SYSOUT=&SOUT             /* IDCAMS OUTPUT */          
//SYSUDUMP   DD SYSOUT=&SOUT             /* IDCAMS OUTPUT */          
//CAISNP     DD SYSOUT=&SOUT             /* ONLY FOR DIAG */          
//         PEND                                                        
//XTEND    EXEC TMSXTEND                                              
//TMSXTEND.SYSIN   DD *
ADDVOL 000001-002000 ROBTY=88 VENDOR=CA-VTAPE  /* VOL=000001から002000を追加
ADDVOL VM5000-VM5099 DELETE                  /* VOL=VM5000からVM5099をDELETEステータスで追加
REMVOL VT0100-VT0199                         /* VOL=VT0100からVT0199のボリュームレンジ削除
ADDDSNB 1000 /* DSNBを1000追加
/*
//CPULIST    DD *
EXCLUDE CPU9               /* CPU9を除く 
INCLUDE CPU6               /* CPU6を含める
//

SYSIN DDのコントロールステートメントについて
ここでは、代表的なパラメータについて説明します。
- ADDDSNB nnnnnnn :
                     nnnnnnn分のDSNBレコードを新規追加します。
- ADDVOL  xxxxxx-yyyyyy  DEN=nn  ROBTY=nn  TRTCH=nn  VENDOR=cccccccc DELETE :
                    xxxxxx-yyyyyyの範囲をボリュームレコードを新規追加します。その他のパラメータは、省略可能です。

- REMDSNB nnnnnnn :
                     nnnnnnn分のDSNBの空きレコードをTMCから削除します。
- REMVOL  xxxxxx-yyyyyy :
                    xxxxx-yyyyyyの範囲のDELETEステータスのボリュームレコードをTMCから削除します。

CPULIST DDのコントロールステートメントについて
このパラメータはオプションです。

- INCLUDE SMF ID
 この制御ステートメントは、拡張機能の実行時に処理すべきCA 1稼動システムのSMF IDを定義します。 
 INCLUDEは、カラム1で始まり、次にブランク、そしてSMF IDが続きます。制御ステートメントごとに指定できるSMF IDは1つだけです。

- EXCLUDE SMF ID
 この制御ステートメントは、TMSXTENDの処理から除外すべきCA-1稼動システムのSMF IDを定義します。 
 EXCLUDEは、カラム1で始まり、次にブランク、そしてSMF IDが続きます。制御ステートメントごとに指定できるSMF IDは1つだけです。 
 EXCLUDEステートメントに指定したシステムが見つからなくても、エラーとは見なされません。
 TMSXTENDユーティリティーを実行するシステムを除外することはできません。

TMSXTENDユーティリティの詳細に関してましては、『TMSXTEND Utility -- Dynamic TMC Extend Process Control Program』の章をご覧ください。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002986

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表