CA 1 AUDITファイルの使用率を表示させる方法について

book

Article ID: 210913

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

CA 1のAUDITファイルの使用率を表示させるコマンドやユーティリティーはありますか?

Environment

Release:14.0
OS: z/OS

Resolution

AUDITファイルの使用率を表示するコマンドやユーティリティーはありません。
TMSBINQユーティリティーの処理結果、もしくはISPF画面からの情報を、利用して計算することで、使用率を確認することができます。

確認方法:

1. TMSBINQユーティリティーを使用する方法
  
 TMSBINQでSYSINにHEADERSというパラメータを与えてジョブを実行すると、AUDITファイルのコントロールレコードが処理結果として表示できます。
 
 ジョブログの抜粋
 TMC CTL REC #1      IPL DATE=2021/03/16       IPL TIME=10.12          NUMBER RAN
 TMC CTL REC #2      DSNBS ALLOCATED=00026500  DSNBS USED=00000003     DSNB BASE=
 AUDIT CTL REC #4    AUDIT ALLOCATED=00180000  1ST AUDIT REC=00066997  NEXT AVAIL=00083786 
  NEXT AVAILから1ST AUDIT RECを引いた値をAUDIT ALLOCATEDで割ることで使用率が判明します。
 
  計算式:(NEXT AVAIL - 1ST AUDIT REC)/AUDIT ALLOCATED

上記の例の場合 83786 - 66997 = 16789/180000 = 9.3で、9.3%となります。

 
2. CA 1のISPF画面を使用する方法

①. ”1  INQ/UPD”を選択して、パスワードを入力します。
②. "CA 1 INQUIRY/UPDATE TMC MENU"内のInquire TMC control record部分のYes/No    ===> YESに設定  
③. 以下の画面が表示できます。
 ------------------  CONTROL RECORD AND VOLSER RANGE DISPLAY  行  1 -  10 /  10 
  COMMAND ===>                                                 SCROLL ===> CSR  
                                                                                
    FLAG1  =====> 80       IPL DATE ===> 2021/03/16             DATE: 2021/03/16
    RANGES =====> 000      IPL TIME ===> 101248                       21.075    
                                                                                
    DSNB ALLOC => 00026500 DSNB USED ==> 00000003                               
    DSNB BASE ==> 00004205 NEXT DSNB ==> 00000028     1ST VOLDEF => 00004204    
                                                                                
  NUM AUDIT ==> 00180000 1ST AUDIT ==> 00066997     NEXT AUDIT => 00083786  
    NEXT LBL ===> 000001   BACIND =====> 00           NEXT SEND ==> 000000      
  BKUP VOL ===> work01   BKUP DATE ==> 2021/03/02   BKUP TIME ==> 1432      
  BKUP DSN ===> Prefix.ca1.test.tmcbkup.dasd                                
    AUDIT FLAG => 00       CATVSN =====> 000000                                 
 
計算式:(NEXT AUDIT - 1ST AUDIT)/NUM AUDIT

 TMSBINQの処理結果とISPF画面の項目名は若干違いますが、同じデータを表示しています。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID:JTEC002985

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表