CA SOLVE : 起動以降の最大コンソール数確認について

book

Article ID: 210699

calendar_today

Updated On:

Products

CA SOLVE:Operations Automation

Issue/Introduction

CA SOLVE起動以降、CA SOLVEが使用した最大コンソール数を調べる方法はありますか?

Environment

Release : 5.0

Component : CA SOLVE:Operations Automation for z/OS

Resolution

CA SOLVE起動以降のコンソール使用数状況確認には
SYSLOGよりCA SOLVEのコンソール名で「Z +Console名 +
 nnn」を検索し、
その「nnn」の値を確認することで、
そのシステムでCA SOLVEからコマンド発行がピークである時点で、
どれだけのコンソールが必要であったかが確認できます。

例えば、SYSLOG中で、CA SOLVEのコンソール「ZNMDM020」が最大で、
ZNMDM021」以降は使用されておらず、

コンソール不足を示す
「N86504 SYSCMD COMMAND REJECTED, UNABLE TO ACQUIRE CONSOLE」
メッセージが表示されていないシステムでは、
CA SOLVEが使用するコンソールは、現状最大20個で運用可能であると判断できます。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002994
CA SOLVE:Operation の その他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA SOLVE:Operations FAQ一覧表