CA Common Services : PTFのAPPLYでGIM65802Eが出力されRC=08となる

book

Article ID: 209236

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA Common Services r15.0の導入を完了しました。予防保守PTFのAPPLY作業で以下のようにGIM85802Eメッセージが出力され、RC=08となります。
また、全てのprefix.A* ライブラリには、メンバが格納されていますが、全てのprefix.c* ライブラリにはメンバが格納されておらず空の状態です。

<ご参考>
GIM65802E ** MODULE CASHCTSK IS NEEDED TO BUILD THE FOLLOWING LOAD MODULES FOR SYSMOD SO14209 BUT IS NOT FOUND. THE
              MODULE IS NOT IN DISTRIBUTION ZONE CAID0, AND SYSMOD SO06205 WHICH LAST REPLACED THE MODULE IS NOT IN THE
              SMPPTS.

Environment

Release : 15.0

OS : z/OS

Resolution

当該メッセージはインストール時のACCEPT処理(AW040ACB)でCHECKパラメータが指定されたままで実行されたため
ACCEPT処理が確実に完了できていない状態で、予防保守PTFをAPPLYされたことが原因です。
CHECKパラメータを削除もしくはコメントの上、当該ACCEPT処理を完了していただくようお願いします。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002977

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表