CA SYSVIEW : CAPTUREイベントでのDSLISTを無効にする

book

Article ID: 208756

calendar_today

Updated On:

Products

CA SYSVIEW Performance Management

Issue/Introduction

CAPTUREイベントでDSLISTコマンドを発行しています。このDSLISTコマンドを発行しないように無効にすることは出来ますか?

Environment

Release : 15.0

OS : z/OS

Resolution

はい可能です。

CAPTUREイベントでDSLISTを停止する方法は以下の通りです。

(1) SYSVIEWのPrimary Option Menuから以下のコマンドを実行します。

  SCHEDULE; SEL FUNCTION EQ CAPTURE

(2) F11キーを押下して、PARMSデータフィールドを表示します。

(3) PARMSデータフィールドには、CAPTURE で実行されているコマンドが含まれるCAPLISTが表示されます。(CAPLIBに含まれるメンバ)

(4) CAPLIBコマンドを実行して、現在ご利用中のCAPLIBのライブラリ情報を確認します。(prefix.CNM4BCAPがわかります。)

(5) 前述の1の(4)で調査したprefix.CNM4BCAPライブラリに1の(3)で調査したメンバがCAPTUREイベントで参照されているメンバとなります。

(6) DSLISTコマンドの発行部分を削除もしくはコメントアウトします。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002975

CAメインフレーム製品のFAQ一覧表です。

各製品のFAQ一覧表にリンクされています。

JTEC002323:CA Common services とCA90SのFAQ一覧表

JTEC002320:CA JCLCheck FAQ一覧表

JTEC002324:CA 1 FAQ一覧表

JTEC002350:CA 7 FAQ一覧表

JTEC002351:CA 11 FAQ一覧表

JTEC002319:CA JMR FAQ一覧表

JTEC002322:CA SMR FAQ一覧表

JTEC002737:CA Gen FAQ一覧表

JTEC002337 : CA SYSVIEW FAQ一覧表

JTEC002336 : CA OPS/MVS FAQ⼀覧表

JTEC002885 : CA IMSTOOLs FAQ⼀覧表

JTEC002886 : CA JARS for z/OS FAQ⼀覧表

CA Top Secret FAQ一覧表

CA Top Secret Option for DB2 FAQ一覧表

CA Datacom/AD FAQ一覧表

CA Datacom/AD FAQ一覧表