JTEC002969:CA 1 CBR3620IとCBR3621Iメッセージの対応について

book

Article ID: 206957

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

CA 1のTMCに登録されていないVOLUMEをIBM仮想テープ装置(以下VTS)に登録したところ
下記のメッセージが出力されて、CA 1以外のVOLUMEが登録できない状況となりました。

CBR3620I ENTRY OF VOLUME nnnnnn INTO LIBRARY LIBC0 FAILED.
CBR3621I ENTER REQUEST IGNORED BY THE CARTRIDGE ENTRY INSTALLATION EXIT
(CBRUXENT).

CA 1とVTSのインターフェースのために、CA 1で提供されているCBRUXENTを利用しています。
この問題の解決方法について教えてください。

Cause

原因:
このメッセージの発生原因は、CA 1側から提供しているCBRUXENTは、CA 1のTMCに格納されていない
VOLUMEは受け付けない仕様になっています。この理由のため当該メッセージが出力されています。

Environment

Release: ALL
Component: CA 1

Resolution

対応方法:
CA 1提供のCBRUXENTに対してTMCに登録のないVOLUMEを許容するようにカストマイズします。

修正手順:
1.CAI.CTAPJCL(CTSJUCBX)をRESTOREします。
 
2.CAI.CTAPSAMP(CTSUXENT)を修正します。
 CAI.CTAPSAMP(CTSUXEJC)も同様に修正します。(※1)

ASKCA    DS    0H                                                       00028400
         LA    R1,LQUERY               POINT TO PARM LIST               00028500
         LA    R15,LINKPARM            POINT TO LINKS PARMLIST          00028600
         SVC   6                       DO LINK                          00028700
*                                                                       00028800
         B     *+4(15)                 BRANCH ON RC                     00028900
         B     RC0                     SCRATCH                          00029000
         B     RC4                     APPEND                           00029100
         B     RC8                     NOWRITE                          00029200
         B     RC12                    OUT-OF-SERVICE                   00029300
         B     RC16                    FOREIGN                          00029400
         B     RC20                    ERROR                            00029500
         EJECT                                                          00029600
上記のRC16部分を以下のようにRC4へ変更します。
変更前   B     RC16                    FOREIGN                          00029400
変更後   B     RC4                    FOREIGN                          00029400

修正前の事前の確認として、"B     RC16"の右側にある行番号が変わらないように修正してください。

3.CAI.CTAPJCL(CTSJUCBX)を再実行します。

※1 
修正前に必要に応じて、修正対象メンバーのバックアップを採取してください。

CTSUXENTとCTSUXEJCは、それぞれCA1側でのソース名です。

実際のVTSで稼働するUSER-EXIT名と概要。
CBRUXENT:CARTRIDGE ENTRY INSTALLATION EXIT(VTSのVOLUMEを入庫時に動作します)
CBRUXEJC:CARTRIDGE EJECT INSTALLATION EXIT(VTSのVOLUMEを排出時に動作します)

英文ナレッジ:Article ID: 130310

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002969

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表