JTEC002964 : CA 1のTMCが更新されない問題を解決する方法について

book

Article ID: 206182

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

IBM仮想テープ装置(以下VTS)を新規導入して、テープジョブを実行しましたが、CA1のTMCにVTSのVOLUME情報が反映されません。

CA 1とVTSのインタフェースのために、以下の処理を実施しています。

(1)Prefix.CTAPOPTN(TMOOPT00)内のROBSCRを"YES”に設定。
(2)TMCのROBTYフィールドの内容をTMSUPDTEにて、X'81'に更新。
(3)CA 1で提供されるサンプルEXIT CBRUXENT、CBRUXEJCOをDFSMS側に反映するためにPrefix.CTAPJCL(CTSJUCBX)を実行。

なぜこのような問題が発生するのでしょうか?

 

Environment

Release: ALL
OS: z/OS

Resolution

CA 1管理下のテープ処理時に、TMCが更新されない場合は、以下の内容をご確認ください。

A) CA 1のUSER-EXIT:TMSXITAにてBYPASS処理をコードしている。
B) CA 1の実行モードがINACTIVE(CA1非稼働)、BATCH ACTIVE(バッチ処理)でテープ処理を実行している。
C) テープ処理のJCLにEXPDT=1998/000やRETPD=0が設定されている。

※上記を確認しても問題の原因が見つからない場合には、下記の資料採取してテクニカルサポートへご照会ください。

・テープ処理のJOBLOG
・CA1のメンテナンス情報確認のため、以下の2つのJCLを実行してレポートを採取してください。
 サンプルJCL格納先:
 Prefix.CTAPJCL(TMSSTATS)
 Prefix.CTAPJCL(TMSCKLVL)

・CA 1のテープVOLUME情報確認のため、対象VOLUMEに対してPrefix.CTAPJCL(TMSBINQ)を実行してレポートを採取してください。

サンプルJCL
 //TMSBINQ  EXEC TMSBINQ
 //TMSBINQ.SYSIN DD *   
 VOL=xxxxxx
 /*                     
・CA 1のテープアクティビティ情報確認のため、対象VOLUMEに対してPrefix.CTAPJCL(TMSAUDIT)を実行してレポートを採取してください。
 
サンプルJCL
  //AUDIT    EXEC TMSAUDIT              
  //TMSAUDIT.SYSIN DD *                 
  VOLSER=xxxxxx
  TYPE=0,1,2,3,4,5                      
  SORT=VOLSER                           
  FORMAT=LONG                           
  /*    
 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002964

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表