search cancel

JTEC002962 : CA SMRのDAILYログファイルのマルチボリューム対応有無について

book

Article ID: 203366

calendar_today

Updated On:

Products

SMR

Issue/Introduction

CA SMRのDAILYLOGファイルの格納先ボリュームをマルチボリュームにできますか?

Environment

Release: r3.4
OS       : z/OS

Resolution

CA SMR r3.4では、Dailyログファイルのマルチボリューム化に対応されています。
DAILYログファイルの格納先をSMS化することで複数のVOLUMEで対応可能になります。

設定方法:
・SMS管理下のDASDをJMR用に用意していただく必要があります。
・prefix.PPOPTION(PL34OPTN)のLSTORCLS(ASTORCLS)にSMSのSTORCLASを指定します。
 ASTORCLSはアーカイブ用なので、TAPEの場合は特に設定不要

DAILYファイルのアロケーションは全てはACSルーチンとDATACLASやSTORCLASのルールに依存して
対象ボリュームも割り当てられることになり、結果としてマルチボリューム化になります。

※LSTORCLS(ASTORCLS)を指定した際には、既存のVOLSER,UNIT,MSVGPなどのパラメータが
  無視されるようになります。

CA SMR Getting Started r3.4のChapter 6  Tailoring Data Management Parametersより抜粋:

LSTORCLS=name
This parameter allows you to specify a DFSMS STORCLAS to be
used when allocating the daily log files and the index log files.
When this parameter is specified, following allocation
parameters are ignored: VOLSER, UNIT, MSVGP.

Default: no default

Example: LSTORCLS=SMRSTOR

Note: Ensure that ACS routines associate a valid STORGRP with the specified STORCLAS.

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002962

CA SMRのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA SMR FAQ一覧表