CA MIA:SETOPTION VARYDEDUPデフォルト変更の理由

book

Article ID: 198706

calendar_today

Updated On:

Products

CA MIM Resource Sharing (MIM) CA MIM Tape Sharing (MIA)

Issue/Introduction

CA MIM 12.1ではSETOPTION VARYDEDUPのデフォルトはNOでしたが、CA MIM 12.5ではYESに変更されています。
なぜSETOPTION VARYDEDUPのデフォルトはCA MIM12.5でYESに変更されたのですか?

Environment

Release: 12.5

Resolution

CA MIM 12.5ではSETOPTION VARYDEDUP=YESがBest Practiceとなっています。
そのためSETOPTION VARYDEDUPのデフォルトはNOからYESに変更されました。

CA MIM 12.5では、MIM_GTAF_VARY_DEDUP health check がSETOPTION VARYDEDUPをチェックし、
YESではない場合、以下ヘルスチェックメッセージを出力します。

MIMH2006E The mimproc address space is running with SETOPTION

VARYDEDUP=OFF. Excessive duplicate vary commands can lead to tape
device allocation delays and processing overhead.

SETOPTION VARYDEDUP=YESのBest Practiceに関する詳細はMIMマニュアルの記載をご参照ください。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002081

CA MIMのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA MIM FAQ一覧表