JTEC001567 : CA-Roscoeのライブラリ・スペース使用容量を参照および増加させるユーティリティについて

book

Article ID: 194619

calendar_today

Updated On:

Products

CA Roscoe

Issue/Introduction

Question
ライブラリ・スペースの使用容量を参照および増加させるためのユーティリティはどれですか?

Environment

Release:ALL

Resolution

Answer
PGM=ROSTATは、CA-RoscoeライブラリおよびAWSファイルを解析するCA-Roscoeのレポート・ユーティリティで、日次ベースでライブラリ未使用時に実行する必要があります。
このレポートには、データ・ファイル数、ブロックサイズ、ユーザ・データセット総数、ユーザ・レコード総数、データ・ブロック総数、最大/最小/平均インデックス容量、空きデータ・ブロック総数、使用不可データ・ブロック総数が表示されます。
使用不可データ・ブロック数が多すぎる場合、PGM=LIBUTILのRECLAIM機能で使用不可ブロックを解消してください。
空きデータ・ブロック数が少なすぎる場合、PGM=LIBUTILのADDLIB機能でデータ・ライブラリを追加することができます。
インデックス・ブロック数が著しく少なくなった場合、PGM=ROSMAILSのDELETE機能で所有されていないメンバを削除することができます。

すべてのCA-Roscoeライブラリ・ユーティリティ・ルーチンの詳細は、『CA-Roscoe Programs and Utilities GuideのChapter 4 Library Maintenance Program Summaries』をご参照ください。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge Document ID : JTEC001567