JTEC002877 : CA1でNOT SCRTCH (32)のエラーと共にIEFTMS50 7XX-04でマルチファイルテープ処理がABENDしました。

book

Article ID: 193992

calendar_today

Updated On:

Products

CA 1 Tape Management

Issue/Introduction

FDRバックアップのツールを使用して、テープ処理実行中を256番目のファイルを書き込みする際に
NOT SCRTCH (32)のエラーと共にIEFTMS50 7XX-04でテープ処理がABENDしました。
何度リランしても、同じファイル番号でABENDします。
この問題を解決する方法を教えてください。

JOBLOGの抜粋

IECTMS9 05D3,TEST01,TESTJOB,TAPE1   ,2020/190  ,00256,.CAJ1.C1002400      
IEC705I TAPE ON 05D3,TEST01,SL,COMP,TESTJOB,ABRINCL,TESTJOB.CAJ1.C1002400,MEDIA1
IEC205I TAPE1,TESTJOB,ABRINCL,FILESEQ=256, COMPLETE VOLUME LIST,  010        
DSN=TESTJOB.CAJ1.C1002400,VOLS=TEST00,TEST01
IECTMS3 05D3,TEST01,IS NOT SCRTCH (32)                                        
IEFTMS50 7XX- 04 TESTJOB,ABRINCL ,TAPE1   ,05D3,TEST01,00001,.CAJ2.C1002400
IEFTMS50 ***** CA 1 ABEND,EX,04 *****                  **       

 

 

Environment

Release:14.0
OS: z/OS

Resolution

今回のケースでは、バックアップツールのFDRのパラメータ:MAXFILEパラメータの設定を確認してください。
上限に達している場合には、必要に応じてパラメータの増加させてください。
パラメータの設定の詳細に関しては、バックアップソフトメーカーへご確認ください。

ご参考:
IECTMS3 dddd,vvvvvv,IS NOT SCRTCH (32) は対象テープボリュームが保存中であるために発行しているエラーメッセージです。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002877

CA 1のその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA 1 FAQ一覧表