Easytrieve Plus : 合計行の見出しを任意に変更できるか?

book

Article ID: 185862

calendar_today

Updated On:

Products

EASYPROCLIB CA Easytrieve Report Generator CA Easytrieve Report Generator for Common Services

Issue/Introduction

Question
合計行の見出しを任意に変更できるか?

Environment

z/OS, MSP, VOS3, IBM, FUJITSU, HITACHI

Resolution

Answer
合計行の自動出力をしないで、DISPLAYステートメントを用いて出力します。
CONTROLレポート、または、SUMMARYレポートを出力する場合にはSUMCTL(TAG)パラメータ指定により、合計行に見出しを出力することができます。ただし、パラメータによって出力された見出しは、以下の通りとなります。
キーフィールド名  計   (←漢字オプション使用時には、"キーフィールド名” の後に、「計」という文字が付加されます。)
または
キーフィールド名 TOTAL  (漢字オプションを使用しない場合。)

※よって、自動で出力される合計行見出しの場合は、上記の通り、任意の見出しを出力することはできません。

合計行に任意の見出しを出力したい場合、CONTROLによる合計行の自動出力を行わせずに、DISPLAYステートメントで合計行を出力します。この場合、レポート・プロシジャー(BEFORE-BREAK、またはAFTER-BREAK)を使用します。

記述例
(例) 合計行の見出しとして任意の見出しを出力する。


REPORT
CONTROL    FINAL    NOPRINT    A-CODE    NOPRINT    B-CODE    NOPRINT
TITLE 1    ‘売り上げレポ-ト'
LINE    A-CODE    B-CODE    SURYO    TANKA    KINGAKU
AFTER-BREAK.  PROC
  IF LEVEL = 1
      DISPLAY POS 1 ‘課 合計' POS 3 SURYO +
      POS 4 TANKA POS 5 KINGAKU
  END-IF
  IF LEVEL = 2
      DISPLAY POS 1 ‘部 合計' POS 3 SURYO +
      POS 4 TANKA POS 5 KINGAKU
  END-IF
END-PROC

※この例では、LEVEL が 1 の時、「B-CODE 計」を「課 合計」に、LEVEL が 2の時、「A-CODE 計」を「部 合計」に変更しています。

注意: DISPLAYで合計行を出力する場合、Easytrieve Plusによる合計行の自動出力を制御する(実行しない)ために、CONTROLステートメントで、NOPRINT パラメータを指定します。DISPLAYを実行するプロシジャーは BEFORE-BREAK、AFTER-BREAK どちらでもかまいません。なお、これらのプロシジャーで、DISPLAYステートメントを多用すると1ページあたりの行数をオーバーすることがあります。その場合にはPAGESIZEパラメータで1ページあたりの行数をあらかじめ小さめに設定します。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC001011