Easytrieve Plus : DISPLAYステートメントのSKIPパラメータの使用方法は?

book

Article ID: 185538

calendar_today

Updated On:

Products

EASYPROCLIB CA Easytrieve Report Generator CA Easytrieve Report Generator for Common Services

Issue/Introduction

Question
DISPLAYステートメントのSKIPパラメータの使用方法は?

Environment

z/OS, MSP, VOS3, IBM, FUJITSU, HITACHI

Resolution

Answer
SKIPパラメータは、コーディング中で任意の位置での改行を指示する命令であり、以下のとおり使用します。
通常、DISPLAYステートメントによる出力は1行改行で行います。 SKIP n の指定をすると、n行改行してから印字を始めます。SKIP nの代わりにNEWPAGE を指定すると改頁してから印字を始めます。

[DISPLAYステートメントの記述]
DISPLAY SKIP  リテラル
               NEWPAGE
※リテラル : 改行数を正の整数で指定

DIAPLAY                       → 通常改行
DISPLAY SKIP 0           → 重ね打ち
DISPLAY SKIP 1           → 行間1行空行
DISPLAY SKIP 2           → 行間2行空行
DISPLAY NEWPAGE    → 改頁
JOBアクティビティ内で指定されるDISPLAYによる出力は、出力先の指定がない場合SYSPRINTに出力されます。この場合、コンパイル・リストに続けて出力されることになりますが、初期処理で DISPLAY NEWPAGE を指定しておけば、ページの先頭から出力されます。レポート・サブ・アクティビティ内で指定する場合は、自動的に行われる改行、改頁と重ならないように注意して指定します。

記述例
(例) レイアウトしながらファイル・ダンプを出力する
FILE     FILEA
W-CNT     W     2     N 0     VALUE 99
*
JOB
IF W-CNT >= 10
DISPLAY  NEWPAGE  'RECORD='  FILEA:RECORD-COUNT
W-CNT = 0
ELSE
DISPLAY  SKIP 1   'RECORD=' FILEA:RECORD-COUNT
END-IF
DISPLAY  SKIP 1   HEX FILEA
W-CNT = W-CNT + 1

[出力結果]
RECORD= 1
CHAR 401              2222222       FFFFFF                  タナカ タツヤ
ZONE  FFF444444FFFFFFF444CCCCCC44444444998499A4444444444
NUMR  40100000022222220006666660000000016601390000000000
            1...5...10...15...20...25...30...35...40...45...50
RECORD= 2
CHAR 401             233
ZONE FFF444444FFF
NUMR 401000000233
           1...5..

DISPLAY NEWPAGEを使用した時、改頁後の一行目にもデータを出力したい時はNEWPAGEキ-ワ-ドの後に続けて記述します。
DISPLAYのHEXパラメータはデータを16進コードで出力することを示します。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC000991