ALERT: Some images may not load properly within the Knowledge Base Article. If you see a broken image, please right-click and select 'Open image in a new tab'. We apologize for this inconvenience.

ネットワーク接続ログでターミナルがブランクになる

book

Article ID: 145905

calendar_today

Updated On:

Products

CA Virtual Privilege Manager CA Privileged Identity Management Endpoint (PIM)

Issue/Introduction

TCP送信接続ログで接続元ターミナルが出力されない。

---
10 Oct 2019 00:52:31 P LOGIN root 59 2 <SOURCE HOST> SSH
10 Oct 2019 00:52:47 P TCP ssh root 408 3 <REMOTE HOST> /usr/bin/ssh
---

<SOURCE HOST>がTCPログの末尾に出力されるべきです。

Environment

CA PIM - Unix:  12.8 SP1 CP2
CA PAMSC - Unix: 14.1 CP2

Resolution

当事象は12.8 SP1にてT5C1173にて修正されています。 
回避策としては、該当のTCPログのsessionIDを確認し、同じsessionIDを持つログインログから
接続元ターミナルを確認いただくこととなります。ただし、PIM/PAMSCを再起動するとsessionID
は変更されますのでご留意ください。