CA Common Services : r14.1で導入したBASEとLEGACYをr15.0で導入する

book

Article ID: 141949

calendar_today

Updated On:

Products

CA Common Services for z/OS CA Common Services

Issue/Introduction

CA Common Services r15.0へのアップグレードを計画しています。
r14.1では、BASE、LEGACYの2つのpaxデータを利用して導入していましたが、r15.0でも同様に導入が必要でしょうか。

Environment

Release: 15.0
OS: z/OS

 

Resolution

r14.1にてBASE、LEGACYコンポーネントを導入されている場合には、r15.0でも同様に導入していただく必要がございます。
なお、r15.0で提供されるLEGACYコンポーネントは、r14.1で提供されているものと同じです。
このため、既にr14.1で導入済みの場合には、継続してr14.1のものをご利用いただくことが可能です。(※)


導入用データセットのPREFIXに、製品のリリース番号等を指定して導入されている場合には、SMP/EのCSIデータセットが2重管理になる場合があります。(例えば、BASEはr15.0、LEGACYはr14.1のPREFIX)
製品のリリース番号等を指定して導入したい場合には、BASEコンポーネントと同様にr15.0用としてLEGACYコンポーネントを導入してください。

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002752

CA Common Servicesのその他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

JTEC002323:CA Common Services とCA90SのFAQ一覧表