EPACtrl.shスクリプトを使用しての起動と停止の制限事項

book

Article ID: 141864

calendar_today

Updated On:

Products

CA Application Performance Management (APM / Wily / Introscope) CA Application Performance Management Agent (APM / Wily / Introscope)

Issue/Introduction

EPAgentの起動をスクリプトEPACtrl.shから行った後に、スクリプトを使用せずにEPAgentを停止した場合、再度、スクリプトからEPAgentを起動できないことがあります。
また、EPAgentのスクリプトを使用してステータスを取得したときに、正しいステータスが取得できないことがあります。

Environment

OS : Linux

Resolution

EPAgentの起動をスクリプトEPACtrl.shで行った場合、EPAgentの停止もスクリプトから行ってください。
EPAgentの停止が、OSのシャットダウンやプロセスの終了などによりスクリプトから行えなかった場合は、<EPA_HOME>/epa.pidファイルを削除してください。