CA SOLVE:Operations:WTORメッセージのみ検知する設定方法

book

Article ID: 141793

calendar_today

Updated On:

Products

CA SOLVE:Operations Automation

Issue/Introduction

TSSで始まるメッセージのうち、WTOメッセージは検知せず、WTORメッセージのみ検知する設定方法について教えてください。

 

Environment

Release: ALL

 

Resolution

以下の手順でTSSで始まるWTORメッセージのみ検知できます。

(1)   WTORとWTOを選別するためのCOMPARE MACROを実行するGLOBAL PROCESSを作成します。
       (以下の例では、TSSWTORという名前で作成しています。)

STEPNAME、MACRO および DESCRIPTIONを入力後実行してください。

 

(2)  COMPARE PARAMETERSで、以下の画面のように値を設定した後、実行します。

1 VARIABLE NAME 1 に ZMSGWRID を指定します。
2 OPERATOR に NE を指定します。
3 VARIABLE NAME 2 に BLANK を指定します。
4 START OF COMPARE に 1 を指定します。

(3)  EXTENDED MESSAGE FILTERでDESCRIPTOR CODE に 7 もしくは APPLICATION を指定して実行します。
      ( 7 と指定しても APPLICATION に変換されますので、どちらを指定していただいても構いません。)

(4)  あらかじめ前述の(1)(2)(3)で作成したGLOBAL PROCESSである TSSWTOR をMESSAGE ACTIONのPROCESSに指定後、
       F3キーを押して完成です。

 

Additional Information

Old Japanese Knowledge document ID: JTEC002529

CA SOLVE:Operation の その他のFAQについては、以下のリンクからご確認ください。

CA SOLVE:Operations FAQ一覧表

Attachments