CA Datacom/AD:アップグレード前のMUF環境へフォールバック実行すると、DBリターン・コード56(001)で失敗しました

book

Article ID: 141645

calendar_today

Updated On:

Products

CA Datacom - AD

Issue/Introduction

CA Datacom/AD r12.0からv14.0へアップグレード後、r12.0へフォールバックするテストを実行したところ、つぎのエラー・メッセージが出力されました。
どのような対処をすればよいですか?

  DB00501E - OPEN ERROR - RETURN CODE 56 (001) CXX=

Environment

OS: z/OS

Resolution

DBリターン・コード56(001)は、正しくないロードライブラリやCXXファイルを使用していることが原因です。
フォールバックは、アップグレード前のMUF環境に回復するため、アップグレード前のロードライブラリやCXXファイルを実行JCL(AXFFB01)に指定します。

上記のアップグレード前のMUF環境にフォールバックする場合は、以下の実行JCLにて、DD名STEPLIBにはr12.0のPrefix.CUSLIBとPrefix.CAAXLOADのライブラリと、DD名CXXにはr12.0のCXXファイルを指定してください。
【実行JCL】 アップグレード前にフォールバックするJCLサンプル
//*
//* LINK DATABASE BACK TO THE SOURCE AD MUF (10, 11 OR 12)
//*
//LINK12 EXEC PGM=DBUTLTY,REGION=6M,PARM='/PGMMONTH=1'
//STEPLIB DD DSN=CAI.PCHLQ.CUSLIB,DISP=SHR
//     DD DSN=CAI.PTHLQ.CAAXLOAD,DISP=SHR
//CXX    DD DSN=CAI.PHLQ.CXX,DISP=SHR
// INCLUDE MEMBER=B14DDOUT
//SYSIN   DD *
LINK DBID=***
ACCESS STATUS=WRITE,DBID=***
/*
//